お知らせ

  • SDGs
  • 2020年度
  • 聖学院中高
  • 聖学院大学

【NEWS LETTRE No.279】聖学院大学×聖学院中学校・高等学校 ー聖学院大学ボランティア活動支援センター×聖学院中高 震災経験を未来への備えにつなげる授業ー

あなたの住んでいる町は、誰が守るのでしようか。」中学1年生に対する伊藤豊教諭の問いかけから始まった授業は、聖学院中学校で行われているL.L.T(Learn Live Together :共に学び、共にいきるという意味の造語)です。
2021年2月17日(水)には「防災」をテマに、聖学院大学でボランティア活動をしている学生と中学生をオンラインでつなぎました。震災当時、小学生だった学生たちが体験した被災経験やその後のボランティア活動を中学生に紹介し、”今私たちが出来ることは何か”という問いを共有。震災経験を過去の出来事にするのではなく、未来への備えにつなげることの大切さを学びました。

ページの先頭へ