生涯学習continued learning

聖学院大学では、公開講座や公開講演会などで地域の方々を中心として広く一般にプログラムを公開しています。また、社会人の学び直し、キャリアアップを支援する制度も設置しています。

  • 公開講座

    上尾市教育委員会・さいたま市教育委員会の共催の「公開講座」を開催しています。例年、全10回の講座が4~5講座開講され、地域住民延べ約200名が受講されています。

    開講式
  • リカレント教育講座

    埼玉県福祉部と本学の協定による高齢者を対象とする授業科目の解放を実施しています。毎年100名程の受講者がいます。

  • セカンドキャリア支援制度

    聖学院大学は2018年度から全学部を対象に「セカンドキャリア支援授業料減免制度」を実施しています。40歳以上の社会人経験者の学生を支援する受け入れを行っています。対象者は在学中の授業料が50%減免となります。

  • 公開講演会・音楽会

    聖学院大学は学生を対象に毎週水曜日の2限に開講している「アセンブリーアワー」のプログラムのいくつかを地域住民をはじめ、一般にも広く開放しています。また、毎年行われる創立記念音楽会には地域の方へのご招待も行っています。

    創立記念音楽会
  • 夏期集中講座・その他

    聖学院大学では大宮盆栽美術館との共同プログラム「地域と芸術文化(盆栽文化を学ぶ)」を、毎年夏期集中講座として開講しています。

    盆栽講座

ページの先頭へ