聖学院アフタースクールBLOG

【アフタースクール 音楽プロジェクト】オペラと歌の世界

この春から『アフタースクール 音楽プロジェクト』として、鑑賞と体験の音楽プログラムを実施しています。

音楽を通して

①聴く耳を育てる②本質を探究する③音楽が心の拠り所となること

を目的として、子どもたちに楽しんで参加いただけるように考えております。

今回はソプラノ歌手の中野亜維里さんを講師に迎え、オペラと歌の世界を展開しました。

プッチーニ作曲『ジャンニ・スキッキ』より「私のお父さん」、

ヘンデル作曲『リナルド』より「私を泣かせてください」をはじめとしたオペラの名曲を鑑賞。

子どもたちは亜維里先生のソプラノの歌声に驚嘆し拍手喝采!

モーツァルト作曲のモテット『踊れ喜べ、幸いなる魂よ』より「アレルヤ」では「何回アレルヤと歌ったかな?」と鑑賞クイズ、

また、発声練習、讃美歌やドレミの歌を一緒に踊って歌ったり、フニクリ・フニクラ(鬼のパンツ)はナポリ語と日本語で楽しみました。

  

素晴らしい演奏とレクチャーをいただいた亜維里先生、

保護者の方もいらしてくださり、みなさん温かく楽しんでくださって心より感謝です。

今後もこのような音楽プログラムを通して、子どもたちの心を育んでいけたらと思います。

 

 

お知らせ,お預かりの様子,スペシャルプログラム申込,プログラム

TOP