お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 社会貢献
  • 女子聖学院中高
  • ASF情報
  • SDGs
  • 2021年度
  • 女子聖学院中高

&Talk_社会貢献・ボランティア

鼎談  岡村 直樹×清水 陽介×茂木 伸智
聖学院ASF No.59 取材日/2021年5月


「娘たちの笑顔のために」という思いから学校運営をサポートする父親たちの団体・パパプロ※。
その思いはご自身のご息女だけでなく、全生徒、学校全体のためにと次第に広がっていきます。
※パパプロ=「パパも女子聖、土曜プログラム」の略称

(左から)●岡村 直樹:1969年1月東京生まれ。女子聖学院中学校・ 高等学校保健体育科主任、運動会総務、記念祭総務、PTA事業部顧問、「パパプロ」顧問。 聖学院中学校・高等学校卒業。専門は剣道と健康科学。日頃から生徒達に伝えていることは「経験は財産」。趣味は古代ローマの研究と書道。●清水 陽介:娘は現在、女子聖学院高校2年生在学中。活動5年目の今年度よりパパプロ代表を務める。人材系企業にて法人の採用・個人の就業に携わる。一番の趣味はパパプロ活動。強みは力仕事と仕組み作り。伝統を継承しつつ、新しい試み進化に挑戦する。●茂木 伸智:娘は現在、女子聖学院中学2年生在学中。昨年、娘が入学後まもなくパパプロ活動に参加。 昨年、パパプロナイトや入試体験会にて保護者講話を経験。現職は金融機関勤務。趣味は書道、神輿担ぎ、自治会の役員(防災担当)。

女子聖学院中学校・高等学校(以下女 子聖学院中高)にはPTAの一団体と してパパプロと呼ばれる父親中心の組織があります。持ち回りではなく皆さん自分の意思で参加されています。学 校行事等の運営をサポートし、また高校3年生を激励する焼き芋会などパパプロ独自の企画もあります。パパプロは、参加されているお父さんたちの奉仕の精神がとても高い団体です。
パパプロとはどういう組織で、仕事が多忙を極める時期になぜ自ら進んでそこまで活動できるのか、バパプロ代表の清水陽介さん、メンバーの茂木伸智さん、女子聖学院中高の教員からは、行事を担当してパパプロに関わりの深い岡村直樹先生にお集まりいただきお話を伺いました。

 

■パパプロの成り立ち「娘たちの笑顔のために」

――パパプロとは、どのような組織ですか? 

 

清水 パパプロは、PTAに複数ある組織のなかの公認団体です。ちょうど来年で、20周年を迎えます。いわゆる縁の下の力持ちとして、学校・PTAの行事の運営サポートや独自の企画を 行っています。「娘たちの笑顔のために」をモットーに、仕事を抱えながら活動するお父さんを中心としたボランティア集団で、学校や娘たちに対してどうしたらより良い環境を提供できるのか、メンバー自身が主体的に考えて試行錯誤しながら形にしています。具体的には、説明会や夏の女子聖体験日にお越しいただいた受験生とその保護者の方たちの誘導や安全性の確保、運動会の設営、誘導、警備。また記念祭で模擬店の出店などがあります。
元々はPTA総務部の方が、記念祭で後片付けを手伝っていたお父さんたちに呼びかけ活動の基盤ができました。それから自主的な活動が徐々に認知され、6年前に公認組織になりました。成り立ちからボランティア団体です。

岡村 パパプロの起ち上げに関係した先生の話では、女子聖学院中高の行事で、力仕事なら手伝っていけるのではないか、ということで始められたそうです。

左から茂木さん、清水さん、岡村先生。皆さんパパプロについて笑顔でお話しいただきました。

 

1 / 4p

 


ページの先頭へ