お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 聖学院大学
  • SDGs
  • 2021年度
  • 聖学院大学

【ASF №59】聖学院大学ーコロナ禍での偏見や差別をなくそう「シトラスリボンプロジェクト リボン製作会」ー


5月17日(月)、シトラスリボンプロジェクトinさいたまと連携し、リボン製作会を催しました。

このプロジェクトは愛媛の有志がつくったもので、3つの輪を結ぶリボンは「地域・家庭・職場(学校)」を表し、コロナ禍で生まれた差別、偏見を乗り越えー人ひとりが安心して暮らせる社会を実現したいという願いが込められています。

講師には上尾市でボランティア活動を推進する市川畠代子氏と安藤由美氏を迎え、学生・職員約20名がリボンを製作しました。
プロジェクトの趣旨説明を通して、コロナ禍にあって感染症に関連して起こる差別や偏見を乗リ越えることの大切さを学んだ後、3つの輪を丁寧に結んでいきました。

完成したリボンは身につけたり、贈りあったリ、SNSでシェアすることで偏見のない社会への願いを広げていきます。

ページの先頭へ