お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 聖学院小学校

聖学院小学校60周年記念対談

在校生の活躍特別企画
聖学院小学校 60周年記念対談
「卒業生から、今の子どもたちに伝えたいこととは何か?」
聖学院ニュースレターNo.279 取材日/2021年1月


聖学院小学校は昨年創立60周年。 旧校舎で学び、一昨年、卒業生として母校で防災教室を開催した聖学院大学の山下佑太さんと 山下さんの当時の担任であり現在の校長である佐藤先生に 聖学院小学校の軌跡と防災教室(防災講座)についてお話を伺いました。

(左から)●山下 佑太:聖学院大学心理福祉学部3年生(2021年1月現在)。聖学院小学校、聖学院中学校・高等学校を経て、聖学院大学に入学。聖学院大学1年時から岩手県釜石市でボランティアを行う。2019年9月に母校の聖学院小学校で防災講座を行った。●佐藤 慎:聖学院小学校 校長。1979年より学校法人聖学院において教鞭をとる。女子聖学院中学校・高等学校教諭(社会科)、聖学院小学校教諭を経て、1990年聖学院アトランタ国際学校の開校に携わる。2008年聖学院小学校教頭。2012年聖学院幼稚園園長。2017年第11代目聖学院小学校校長として着任(園長兼務)。

 今年で東日本大震災(以下震災)から10年がたちます。現在、聖学院大学に通う山下さんは聖学院小学校で5年生の時に震災を経験しました。大学では勉強の傍ら震災の被災地支援ボランティアに勤しんでいます。山下さんは2年前、ボランティア活動を通して学んだことを今の子どもたちに伝えたいと聖学院小学校で防災教室を開催しました。山下さんがボランティアに参加し、母校の子どもたちに何か伝えたいと思った背景には小学校で学んだ建学の精神があったそうです。60年間、聖学院が子どもたちに伝え続けてきたことを佐藤先生に、その教えを胸に卒業した生徒が今の子どもたちに伝えたいことを山下さんに語っていただきました。

 

 

1 / 3p

 


ページの先頭へ