お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 聖学院大学総合研究所
  • SDGs
  • 2020年度

【NEWS LETTRE No.279】聖学院大学総合研究所 ー「不登校支援の現場」研究と実践のつながり 大学院卒業生と指導教授による講演会ー

2021年2月20日(土)に、福祉の哲学および理論を探求する「福祉のこころ研究会」と、実践に基づいたソーシャルワーク原理を探求する「ソーシャルワーク研究会」が合同でオンライン講演会を開催しました。

講演者には聖学院大学名誉教授の助川征雄先生と、NPO法人力ウンセリング&コミュ二ケション・ミュー(以下、CCM)代表で聖学院大学大学院卒業生の山本泉先生をお招きしました。
CCMで行っているオープンドアサポート事業(ODS)とは不登校支援事業の略称で、不登校となった生徒とその家族の支援を目的とし2009年より活動しています。

生徒たち一人ひとりの強みや長所に光を当てる支援事業から、研究と実践の有機的つながりを学ぶ時となりました。

ページの先頭へ