お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 法人
  • 聖学院大学
  • 聖学院中高
  • SDGs
  • 学校法人聖学院
  • 2021年度
  • 聖学院中高
  • 聖学院大学

& Talk_聖学院教育のアップデート

鼎談 Robert J. S. ROWLAND×日野田 昌士×清水 佳人
聖学院ニュースレターNo.279 取材日/2021年2月


新型コロナウィルスにより教育は今までのフォーマットが通用しなくなりました。
目の前に生徒がいない状況でどう学びを成立させるか。
その答えを考えるには、「教育とは何か」という根本に立ち帰る必要がありました。
教育は今、新しい局面に入り始めています。

(左から)●Robert J. S. ROWLAND:聖学院大学人文学部欧米文化学科に勤務して3年目。助教。母国アメリカの大学から卒業直後に来日し、幼稚園から大学までの日本の英語教育現場に14年間関わってきた。研究分野は主に言語習得だが、ICTに強い関心をもち、本学のICT教育に日々取り組んでいる。●日野田 昌士:聖学院中学校高等学校総務統括部長(教頭)。同志社国際中高、同志社大学法学部卒業後、聖学院中学校高等学校に公民科教諭として勤務。「教育が変わることによって社会が変わる」がモットー。●清水 佳人:学校法人聖学院情報センター事務室勤務。聖学院大学欧米文化学科を2004年度卒業後、派遣で聖学院大学のコンピュータ基礎の講師をし、2009年に聖学院ゼネラルサービスに転職、2011年に現在の情報センター事務室に至る。主に大学を拠点としてICTが関わる業務・システムに携わっている。

 昨年3月以降、社会のあり方が一変しました。教育も例外ではなく2020年4月7日の緊急事態宣言から2ヶ月近く子どもたちは学校で授業を受けられなくなりました。あれから1年、今でも従来とは違った形で授業が行われています。そしてそこからは新しい形式やシステム、学びに対する考え方が生まれつつあります。聖学院中学校・高等学校(以下中高)でウィズコロナでの教育改革に取り組まれた日野田昌士先生と、聖学院大学(以下大学)でオンライン授業の環境作りや推進に尽力されたロバート・J・S・ローランド先生、情報センターの清水佳人さんに4月の緊急事態宣言当時のことをはじめ、この1年で教育がどう変わったかについてお話を伺いました。

 

 

1 / 4p

 


ページの先頭へ