お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 社会貢献
  • 聖学院中高
  • SDGs
  • 2020年度
  • 聖学院中高

【東洋経済ムック】未來を創る教育現場での実践ー聖学院中学校・高等学校ー

◆高校カンボジアMoGを実施
聖学院中高は2019年夏、グローバル教育の1つのプログラムとして、NPO法人very50との共同企画プログラム「高校カンボジアMoG」を実施しました。MoGとは、「Mission on the Ground」の略で、SDGsのテーマを用い「問題解決能力」の育成に重点を置き、チェンジメーカー(社会起業家)のもとで現地でワークを行うことをメインとした海外研修プログラム。2019年は28名の生徒が参加をし、カンボジア貧困層の自立実現を目指すナチュラル素材雑貨メーカー“Rokhak(ルッカ)”と女性起業家が立ち上げた女性の雇用機会促進のための、女性ドライバーによるカンボジアツアーを運営する”Lavender Jeep(ラベンダージープ)”のソーシャルベンチャー企業2チームに分かれて、それぞれの課題解決に取り組む活動を支援しました。

◆SDGs Cooking Innovation Labを実施
2019年11月、クックパッド株式会社、静岡聖光学院中高とのコラボレーション企画を実施しました。ジェンダー平等の問題をテーマに、クックパッドのキッチンラウンジを会場として、中高一貫の男子校の生徒たちが実際に料理をつくり、レゴを使って「料理したくなる世界」について考えました。この企画の前には、聖学院中高を会場に、“世界の台所探検家”クックパッドの岡根谷実里氏による講義とワークショップを実施しました。

 

◆中高生ソーシャルデザインコンテスト優勝!
2019年7月に開催されたリディラバ主催の「R-SIC(アールシック)」という社会課題をテーマとしたカンファレンスの初日に行われた「中高生ソーシャルデザインコンテストField Adventure AWARD 2019」に聖学院高校の生徒のグループが参加し、高校1年の全生徒が参加する2泊3日のスタディーツアー「ソーシャルデザインキャンプ」での活動、プレゼンテーション内容をもとにした発表を行い、見事優勝を果たしました。

ページの先頭へ