お知らせ

  • TOPICS
  • SDGs
  • 学校法人聖学院
  • 2020年度

佳作「蜜蝋燭で短い夜を」

夜は照明をなるべく使わないようにして蜜蝋燭で過ごす時があります。ほんわかした明かりでリラックスできます。

【作品タイトル】
「蜜蝋燭で短い夜を」

【該当するSDGs】
目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

【投稿者】
大山 美来さん

【受賞メッセージ】
この度は聖学院SDGsコンテストにて選出していただき、ありがとうございます。
私は近頃SDGsに少しでも貢献できるように、Sustainableな生活を心がけています。
その1つが蜜蝋燭です。
今回垂れ具合が絶妙だったため、記念に応募いたしました。
蜜蝋燭はパラフィンの蝋燭とは違い、環境にも人にも優しい蜜蜂の巣が原料です。
多く消費せず大切に、夜少し灯して早く寝ています。
今後はこの受賞をきっかけに電力も再生可能なエネルギーに変えようと思いました。

審査員メッセージ
背景に何も写らないところを選び、ろうそくが際立つように撮っていることが、静かな時間を連想させてくれました。タイトルもとてもいいです。一つ、工夫できるとすれば、ろうそくに灯がともっていると、もっと雰囲気が出ると思いました。(審査員/武本花奈)

ページの先頭へ