お知らせ

  • TOPICS
  • SDGs
  • 学校法人聖学院
  • 2020年度

佳作「高Ⅱ理系クラスの裏紙」

 

ある日、高Ⅱ理系クラスの教室で、紙紐で束ねられた裏紙を使って勉強している生徒を見かけました。珍しいな、と思って教室を見渡すと、他にも数名、紙紐で括った裏紙を使う生徒が。
見ると教室の棚の小さなダンボール箱には、担任からのメッセージとともに、いくつもの裏紙の束がありました。大量の紙を使う学校では、裏紙も大量。でもこの再利用法は、理系クラスの高校生を励ます担任の気遣いがステキだなと思いました。

【作品タイトル】
「高Ⅱ理系クラスの裏紙」

【該当するSDGs】
目標15 陸のゆたかさも守ろう

【投稿者】
滝澤 佳代子さん

【受賞メッセージ】
女子聖学院の毎日の、教師が生徒に寄り添う小さな一コマを、切り取って発信する機会を与えて下さり、感謝致します。これからも、当たり前の教育活動にアンテナを立てて、一つ一つの問いと答えを生徒と一緒に見つけていきたいと思います。ありがとうございました。

審査員メッセージ
まず、裏紙を使う文化が、今の学校にあることに驚きました。素晴らしい教えですね。作者の生活の中で、SDGsをしっかり見つけて撮った写真だなということが伝わってきました。後ろに学校らしい景色が見えていることも、高評価のポイントでした。(審査員/武本花奈)

ページの先頭へ