お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 法人

&Talk 聖学院の表現教育-アート-

鼎談 渡邊しのぶ×関幸子×北野敦子
聖学院ニュースレターNo.277 取材日/2020年7月


小学校の図工と中学校の美術。アートを義務教育として学ぶ期間は9年間。その9年間は子どもたちにとってどういう時間なのか。小学校の図工教育に関わっている北野先生、関先生、女子聖学院中学校・高等学校で美術の指導をされている渡邊先生に、聖学院の表現教育についてうかがいました。

写真左:北野 敦⼦(聖学院小学校教諭)●女子美術大学デザイン科卒業。公立や私立中学高等学校の美術講師を経て、2011年より聖学院小学校に入職。現在は小学校3年・4年生の図工を担当。写真中央:関 幸⼦(聖学院小学校教諭)●学芸大学初等教育学科美術専修卒業後、公立中学校で美術を指導。担任教諭として聖学院小学校に。育児のため一時休職し、公立小学校で特殊学級担任を経験。2006年から聖学院小学校勤務。写真右:渡邊 しのぶ(女子聖学院中学校・高等学校美術科教諭)●専門は陶磁器の色絵研究。現在、中学3年生の担任と学年主任を兼任中。

 

家にいる時間が増えたことで、何か作り始めたという人も多いのではないでしょうか? 小学校の頃の図工を思い出して画用紙で工作をしてみたり、絵を描いてみたり。クリエイティブなことを楽しめるというのは一つの才能であり、それを身につけているのは幸せなことだと思います。そしてその土壌はやはり教育にあります。

 

 

小学校では校舎全体をつかった校内作品展を開催


北野 6年ほど前、新校舎になって階段がらせん形のような珍しい形になりました。その特性を生かして小さな美術館のような展示がしたい、というところから校舎全体を使った展示企画が始まりました。展示全体で森とか自然という大テーマを設け、その世界観に合う、より具体的な6つのテーマ(妖精や植物など)を作り作品展を構成しています。学年それぞれが1つずつのテーマに沿って作品を作るので一人ひとりの個性も大事にしつつ、全体としてのまとまりも出せていると思います。また、保護者の方に自分の子どもの作品だけではなく、他学年の作品、色々な成長の形を見ていただきたいという思いもありました。そのため順路のようなおすすめルートを作り、そのルートに沿って進むと、全学年の児童の作品が見られるようにしています。聖学院小学校では、学年の違う1~6年生までの6人でテーブルを囲むスクールランチという給食の時間があります※1。他学年にも友だちがいるので、その友だちの作品を見つけて親子で盛り上がれるのも聖学院ならではです。「うちの子と気が合うんだなと分かって、他の友だちの作品も見られてすごくよかった」というお言葉をいただいたこともあります。
 授業でもクラス単位で作品展を見て回って、子どもたちが自分の気に入った作品を見つけたら各自iPadで撮影し紹介するということをしています。

 

1 / 4p

 


ページの先頭へ