お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 聖学院中高
  • ASF情報

活躍ファイル#15 坂本 光生さん

ASF NEWS No.58

聖学院中学校・高等学校 2018年卒業
立教大学 コミュニティ福祉学部 福祉学科 3年
(2020年4月取材)


「いつも喜び、すべてに感謝」
の言葉を胸に。

「印象に残っている授業は小瀬淳先生の世界史です。リズムが良くて楽しい授業で、勉強の仕方を教わっただけじゃなく、人間的にも成長させてもらいました。」と野球部出身の坂本さん。高校時代の思い出を懐かしそうに語ってくれました。
野球部では副キャプテンで、主に四番を打ち、ショートを守っていました。野球部顧問の磯貝創一先生は、浮き沈みの激しい坂本さんの性格を見抜き、うまくのせながら、伸び伸びと野球をさせてくれたのだそうです。

坂本さんが高校2年生だった2017年は、全日本大学野球選手権大会で優勝するなど立教大学野球部の活躍は目覚ましく、選手たちが楽しく野球をしている姿に感動し、どうしても立教で野球をしたいと思ったのが進学のきっかけ。
入部当初は甲子園で活躍した選手が何人もいて、こんなすごい人たちの中でやっていけるのか心配になりましたが、昨年、夏のキャンプでは努力が開花し、キャンプMVPを獲得。Aチームのオープン戦にもベンチ入りしました。

肩や、股関節のけがに泣かされるなど、決して順風満帆なわけではないですが、野球ができること、打席に立てることに感謝して、いつでも前向きに頑張れるのは、聖学院野球部の「いつも喜び、すべてに感謝」という教えのお陰だと言います。
家族や友人や、多くの人に応援され、支えられているので今の自分がある、応援してくれる人のために頑張りたいと言う坂本さん。「今年こそは神宮球場で活躍する姿をお見せするのでご声援よろしくお願いします!」と力強い言葉を聞かせてくれました。


 

ページの先頭へ