お知らせ

  • TOPICS
  • 聖学院大学
  • 聖学院小学校

&Talk _ 聖学院の音楽教育

鼎談  村山 順吉 × 久保田 翠 × 官野 菜摘
聖学院NEWS LETTER No.283 取材日/2022年7月


自分にしか出せない音があります。それぞれがその音をもって集まるからアンサンブルは楽しい。
それだけで人生は豊かになります。そのことを経験できるのが学校です。

(左から)
●官野 菜摘:聖学院小学校音楽科敦諭。玉川大学芸術学部芸術教育学科を卒業後、私立高校にて音楽科非常勤講師を務める。2022年4月より現職。在学中はピアノを専攻するほか、大学オーケストラでチェロを演奏する。現在は1,2.3,5年生の授業を担当する。
●村山 順吉:2017年3月まで学校法人聖学院理事、聖学院小学校校長、聖学院大学児童学科教授・学科長、大学院兼任敦授、付属みとり幼稚園長兼務。現在は母校(学校法人自由学園)理事長、聖学院大学名誉敦授、日本演奏連盟会員。日本同盟基督教団小平聖書キリスト教会員。
●久保田 翠:東京藝術大学作曲科卒業、東京大学大学院修士課程修了。神戸女学院大学音楽学部専任講師を経て2017年より聖学院大学准教授。 2020年に発表したアルバム『later』は各所て好評を博した。著書に『ピアノで弾くチャーチソング~讃美歌・聖歌』など。 https://midorikubota.net


――文部科学省の音楽科の小学校学習指導要領には「 生活や社会の中の音や音楽と豊かに関わる資質・能力の育成 」(※1)という言葉が繰り返し出てきます 。音や音楽と豊かに関わることの大切さとは何か 。ピアニストとしてリサイタルやオーケストラとの協演をされている元聖学院小学校校長・元聖学院大学児童学科長の村山順吉先生 、聖学院大学児童学科にて小学校・幼稚園教諭を目指す学生を指導している久保田翠先生 、今まさに聖学院小学校の音楽教育の現場に立っている官野菜摘先生の3名ににお集まりいただき、お話をうかがいました。――

 

■音に出合い、自分の大切さ、人の大切さを知る

ーー音楽教育の意義について教えてください。

村山 子どもが自分の心に響く音や、自分にとって心地よい音に出合うということはとても大切だと思います。その感覚は尊重されるべきものですし、その子どもの感覚や感性が大切に扱われることは、子どもそのものを大切にすること、大切に育てていくことだと思っています。音楽の授業の中で合奏をした時、子どもたちは、自分と他の人とでは好きな音や良いと思う音が違うことに気付いていきます。そして奏でる音も違うことに気付きます。一人ひとりにそれぞれの音があるのです。自分と違う音でも素敵な音があることにもまた気付いていきます。一人ひとりが違った音を奏でながら、みんなの音が生きていく。誰かが欠けたら違う響きになってしまいます。この体験は、自分たちの誰もが取りかえることができないたった一つの大切な存在であることを教えてくれます。他の人の音も尊重できるようになるのです。これは授業があるからこそできる体験だと思います。

久保田 村山先生のおっしゃる通り、音楽教育には、他者の存在を受け入れて認めるという側面があると思います。ある音楽について、他の人がどう感じているか、どう表現しているかを知る機会はそう多くはないかもしれません。しかし学校では常に他の人の価値観に触れることができます。他の人の奏でる音楽や知識や価値観に触れ、比較することで、自分にとっての音楽の意味が見えてくることがあると思います。また、ある音楽が教科書で扱われていたとして、自分はその音楽を知らなかったとしても、そこで扱われているということにより、その音楽は誰かにとっては意味があるのだということを知ることができます。音楽教育にはこのような意味と役割があると思います。

官野 今、ちょうど小学校2年生で合奏をやっています。教科書に掲載されている楽譜を、メロディーラインと対旋律に分かれて、木琴と鍵盤ハーモニカで演奏しています。鍵盤ハーモニカだけではメロディーがはっきりせず、子どもたちは消化しきれない様子だったのですが、木琴と合わせた時、初めて一つの曲が成立したことを実感できたようで、子どもたちの感動が教室全体に広がりました。合奏は一緒に音を出す楽しさと、曲が完成したという達成感を子どもたちに与えてくれます。それがこうした「感動体験」となります。楽しいと感じることが大切で、そこから「次にこれをしたらどうなるんだろう」という知的好奇心の芽生えにもつながっていくように思います。

久保田 官野先生のお話をうかがい、合奏をする時の子どもたちの反応と大学生の反応は本質的なところでは変わらないと思いました。年齢、経験、立場とは関係なく、一緒に音を出し合奏するのは楽しいことです。その楽しさを同じ空間で分かち合えるのは音楽の良いところだと思います。私の授業でも学生たちに楽しくあってほしいと思っています。

 

1 / 3p

 


固定ページ: 1 2 3

ページの先頭へ