お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 法人
  • 聖学院大学

〔卒業生を尋ねて〕歩む人たち_竹渕 香織 先生(聖学院大学 卒業生)

竹渕先生の研究室にて。「学生相談室は立ち上げの際から関わっています」と竹渕先生。 

竹渕 香織聖学院大学基礎総合教育部准教授、学生相談室長・カウンセラー。公認心理師、臨床心理士、臨床発達心理士。その他、学校法人自由学園最高学部非常勤講師、施設や行政の職員研修講師なども務める。 

学生一人ひとりがしたいと思うことに 一緒に向き合っていきたいです

児童学科の卒業生である竹渕香織先生は、聖学院大学の学生相談室でカウンセラーをしています。竹渕先生は学生時代、小児科病棟でボランティアをしていました。幼稚園教諭を目指していた竹渕先生はゼミで発達心理学について学び、幼稚園に通えない子どもの発達に興味を持つようになったそうです。そんな時、恩師の紹介で病院ボランティアを始めたと言います。そこには長期入院をしている子どもたちがいて、彼らのための院内学級がありました。病院で竹渕先生は、医療スタッフ、院内学級の教員と子どもたちの間をつなぐ役目を担いました。病気を抱えながら頑張る子どもたちと関わるうちに、幼稚園教諭のような大勢の保育者という立場ではなく、困難を抱えた一人ひとりと向き合う立場の仕事に就きたいと思うようになりました。そして現在、竹渕先生はカウンセラーとして日々学生からの相談を受けています。 

大学は専門知識を得るだけでなく、「自分って何だろう?」と考えるなど、自分自身と向き合う場でもあります。そんな時、悩みや困難の解決を目指すと同時に、一人ひとりが自分の人生や生き方を考える過程を支えていくのが学生相談であり、カウンセラーの役割です。竹渕先生は学生たちに対して、「授業や学生相談の中で、直近の評価に惑わされず、すぐに答えの出ない問題や正解が一つではない課題にじっくり取り組む経験をしてほしい」と言います。また、今の学生には親や教員以外のちょっとした相談のできる大人の存在が少なく、また学生自身が失敗を恐れ新しい経験を避けがちだと感じているそうです。「ひとつの失敗や、人間関係がうまくいかないと行き詰まってしまう学生がいます。そんな学生に寄り添い、一人ひとりがしたいと思うことに一緒に向き合っていきたいです」と竹渕先生は語りました。 

 

学生相談室の様子。ここはどのようなことでも自由に話し合い、相談できる場所になっています。

 

ページの先頭へ