お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 聖学院中高
  • 聖学院小学校
  • SDGs
  • 聖学院中高
  • 聖学院小学校
  • 2022年度

& Talk_ともに、学ぶ

鼎談  玉木 聖一×新井 裕子×鈴木 康文
聖学院ASF NEWS No.60 取材日/2022年5月


子どもの興味関心を出発地点として学びに導いていく。そこで芽生えた「学びは楽しい」という価値観はやがて他者のために世界のためにと広がっていきます。

(左から)●玉木 聖一:聖学院中学校・高等学校理科教諭、理科主任、中学1年担任、バスケットボール部顧問。2005年度聖学院高等学校卒業。立教大学大学院理学部物理学専攻博士前期課程修了後、博士後期課程に進学するが学校教員へ転身。現在、学習者中心の学びに力を入れている。●鈴木 康文:聖学院中学校3年生。3歳上の兄の影響で、聖学院幼稚園に入園。聖学院小学校では5年生で児童会副会長、6年生で児童会会長になる。中学校では生徒会に立候補し、2年生では会計補佐。今年度は生徒会副会長になる。また、小学生の時に卓球にハマり、現在卓球部に所属している。●新井 裕子:聖学院小学校、女子聖学院中高、聖学院大学卒業。大学卒業後、他大学の教育学部にて小学校教員免教を取得。聖学院小学校では英語の非常勤講師を務めた後、専任教諭として理科・体育などを担当。現在は6年生を担任している。


――思考力をはじめとする学力の3要素、非認知能力、STEAM…(※1〜3)。かつて教育は、一つの決まった答えに児童、生徒、学生がたどり着くことを求めていました。しかし、現在では明確な答えがない問いに対し、一人ひとりが自分なりの最適解を導き出す力が求められ、教育法は日々進化しています。それは気候変動や新型コロナウイルス、AIによる働き方の変化など、明確な答えがない社会や環境に対応していくためであり、一人ひとりの幸せのあり方も多様化してきたためです。
変わりゆく教育の中、聖学院ではどのような変化が起きているのか、また変わらないものとは何かを、聖学院中学校・高等学校(以下聖学院中高)の玉木聖一先生、聖学院小学校の新井裕子先生、聖学院中高の中学3年生の鈴木康文さんにうかがいました。鈴木さんは聖学院小学校の卒業生で新井先生の教え子です。また両先生は聖学院で学んだ卒業生でもあります。
 

■いつの時代も温かさと居心地の良さがある

ーー聖学院はどういう学校だと思いますか?
 

鈴木 クラスメイトのことで言えば、教室の隅に一人でいるような生徒をあまり目にしないという印象です。みんながお互いに話しかけます。誰とでも話せるし別のクラスの生徒とも自然と話せます。
 

新井 私自身も聖学院小学校の卒業生で、自分もそうだったと思います。自分のクラス以外の子ともなんとなく顔見知りでした。男女、学年問わず自然と話していました。聖学院の児童は、誰でも受け入れる雰囲気をみんなもっています。鈴木くんの話を聞いて、それは変わらない点だなと思いました。
 

玉木 聖学院中高の生徒を見ていても本当にそういう雰囲気を感じます。私が生徒だった時のことを振り返っても温かさがあったと思います。私は高校から聖学院に入りました。入学してみて感じたのは、生徒一人ひとりの発言の温かさでした。自分はここに居て良いと承認されているような感覚です。また先生が声をかけてくれる頻度がとても多かったのを覚えています。話もよく聞いてくれましたし、本当によく見てもらえていると高校生ながらに感じました。
 

新井 私が小学校から中学校にあがって一番驚いたのは、中高は生徒が中心になって物事を進めているということでした。行事の企画も運営も、すべて生徒同士で考えて話し合って決まっていきました。でも困ったときには、必ず先生がそばで見守っていて相談にのってくれる。そういう温かさがありました。寄り添ってくれる安心感、居心地の良さのようなものです。

 

1 / 4p

 


ページの先頭へ