お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 聖学院大学
  • 女子聖学院中高
  • SDGs
  • 女子聖学院中高
  • 聖学院大学

& Talk_キリスト教教育が示すもの

対談  高橋 恵一郎×柳田 洋夫
聖学院NEWS LETTER No.281 取材日/2021年10月


中学生、高校生、大学生は自己の存在について揺れ動く年代です。 クリスチャンか否かに関わらず 礼拝、聖書、ニーバーの言葉など、キリスト教教育は生き方の1つの答えとして、私たちを支え、光をもたらします。

(左から)●柳田 洋夫:聖学院大学 大学チャプレン・人文学部教授。関心領域はキリスト教倫理学、日本キリスト教思想史。[翻訳]ラインホールド・ニーバー『人間の本性』『人間の運命』(髙橋義文・柳田洋夫)、アリスター・E・マクグラス『歴史のイエスと信仰のキリスト』など。●高橋 恵一郎:女子聖学院中学校・高等学校チャプレン、宗教部長、聖書科主任。関心領域は子どもたちへの伝道。[著書]『聖書と子どもたち みことばを届けるために』(共著)、[翻訳]『プロテスタント教会の礼拝ーその伝統と展開』(共訳)


――聖学院はミッションスクールです。礼拝と聖書の言葉をとても大切にしています。しかし生徒、学生の多くは礼拝という言葉や聖書は知っていても、聖学院に入るまでキリスト教が身近ではなかったかもしれません。一方「神を仰ぎ 人に仕う」という建学の精神は、全学院を通じて在校生に非常に広く深く浸透しています。さらにはその保護者にまで、他者貢献の精神が培われている例も稀ではありません。
イメージしにくい反面、その精神は伝わっている聖学院のキリスト教教育。その本質について、聖学院大学のチャプレン、柳田洋夫先生と女子聖学院中学校・高等学校のチャプレン、高橋恵一郎先生にお話を伺いました。
 

■生徒、家族、学院のため チャプレンの使命は祈ること

ーーチャプレンとは、学校においてどのような役割を担われていますか?

高橋 チャプレンはキリスト教教育を行なっている学校、キリスト教社会事業団体などに在籍している牧師で、日本基督教団の定義では教務教師に分類されます。その組織にいる方々が礼拝をささげられるように環境を整え、執りなす存在です。

柳田 高橋先生のおっしゃる通り、教会の外の場で働く牧師でしょうか。欧米由来ですが、元々は学校だけではなく軍隊や病院などで働く役割だったようです。教会の外で礼拝や祈りを中心に働く。それを通じて、伝道、福音を宣べ伝える役割も担っていると思います。

高橋 またチャプレンの姿が生徒、教職員にとってキリスト教のシンボルになるのではないかとも思っています。シンボルとは、目に見える物を通して目に見えない姿、形を指し示すものです。私たちの存在によって生徒たちが神様を意識することができるなら、これは重要な役割だと思います。

以前PTAのキャンプに参加した時、学校の先生に「高橋先生はいつも学院のために祈っていてくださいます」と紹介されたことがあります。とても印象的な言葉でした。もちろんチャプレンなので生徒のために祈るのですが、生徒だけではなく保護者や家庭、教職員や関係者のために祈ることこそチャプレンの仕事だと改めて教えられた気がします。それ以降、私はことあるごとに祈っています。生徒とすれ違ったときには、祝福の祈りをしています。

またクリスチャンファミリーの子どもたちを支えることもチャプレンの重要な役割です。この学校に赴任したときのクリスチャンファミリーは、5%ほどでした。10年ほど前は約7%で、先日調査をしたら10%に上がっていました。日本ではクリスチャンの総数が減っている中、校内では10%のご家庭がクリスチャンのファミリーであるという事実は、とても大きな意味をもちます。私たちに期待されているものも大きいように思います。

一方、クリスチャンファミリーの子どもたちが教会につながりにくくなっているような状況もあります。信仰から離れたり、場合によっては教会に行っていることを公言できない生徒もいます。そうした子どもたちを支えて応援していくのも重要な役割で、見えない形でのチャプレンの仕事です。

柳田 祝福という言葉には私も感じるところがあります。キリスト教の学校なので、卒業式は礼拝形式で行います。式が終わった後、普段は全くキリスト教に関心のなさそうな卒業生に「先生、私のために祈ってください」と言われたことがあります。その言葉を聞いて、私も自分の存在を知らされた気がして、喜んでその場で祝福をしました。

 

1 / 4p

 


ページの先頭へ