お知らせ

  • TOPICS
  • 聖学院大学出版会
  • 2021年度

【NEWS LETTER №281】聖学院大学出版会ー新刊紹介 『安全性とリスク:正しく認識し、正しく問うために』ー

標宣男(聖学院大学名誉教授)著『安全性とリスク:正しく認識し、正しく問うために』が12月に発刊されました。

極度に専門化した現代科学技術社会において、一般人はどのように「専門家の領域」と付き合っていけばよいのか。科学技術の持つ「リスク」を社会的にどのように認知すればよいか、また、その抖学技術を社会的に許容すべきかどうかについて考える重要な手掛かりを与えてくれる一書となっています。

ページの先頭へ