お知らせ

  • TOPICS
  • 各校情報
  • 女子聖学院中高
  • 聖学院中高
  • 聖学院小学校
  • SDGs
  • 2021年度
  • 女子聖学院中高
  • 聖学院中高
  • 聖学院小学校

& Talk_聖学院教育の探究学習【理科】

鼎談  佐藤 充恵×松尾 知実×続橋 みなみ
聖学院NEWS LETTER No.280 取材日/2021年7月


知識や課題を教員から一方的に与えるのではなく子どもたちの興味、関心を起点にする聖学院の探究的学習。その考えはテストや知識の獲得にも反映され、さらには未来の持続可能な社会へとつながっています。

(左から)●佐藤 充恵:教職歴19年。聖学院中学校・高等学校勤務。高校の新クラス設置統括部長。ICEモデルを活用した気づきや発見を促す問いを軸に、理解・考えを深める授業を実践。また、限られた時間内で密度の濃い内容を実践し、学習した内容を有機的につなげていくために、ICT機器をどのように活用していくかを模索しながら授業改善を行っている。●松尾 知美:東京都出身。修士課程中に母校の都内女子校で非常勤講師を務めた後、2015年より女子聖学院中学校・高等学校理科教諭として勤務。主に中学校の生物分野の授業を担当。現在探究・ICT委員として、中学生一人一台iPad導入や総合的な学習(探究)の時間の担当をしている。●続橋 みなみ:東京学芸大学初等教育教員養成課程理科専修を卒業し小学校、中高理科教員免許を取得。2021年度より聖学院小学校に入職し、現在3.4.5年生の理科を担当している。

子どもが知的好奇心や概念を獲得するきっかけとなるのは身近な環境にあります。特に自然への興味関心は強く、探究心の目覚めと理科分野は深い関係があると言えます。ではその興味関心をいかに学びへとつなげていくのか、さらには社会で求められる課題解決能力へとどう広げていくのか、理科教育の現場に立つ3名の先生にお話を伺いました。聖学院中学校・高等学校(以下聖学院中高)からは佐藤充恵先生、女子聖学院中学校・高等学校(以下女子聖学院中高)からは松尾知実先生、聖学院小学校からは続橋みなみ先生にお集まりいただきました。

 

■感動や気づきを探究へと昇華させる授業作り

――授業を作る際、意識されていることや重視されていることは何ですか? 

 

佐藤 私は「わかると変わる」という言葉が好きで、授業を作る時に必ず考えています。植物の特徴を学ぶ時、種子植物、裸子植物という名称が出てきます。しかしそもそも葉のつくりや形、色に共通点があるということはそこに何かしらの理由があるということです。名称を覚えることも大切ですが、普遍的な特徴の背後には本質的な機能があるということを学びとってほしいと思っています。それを通じて生徒がその後、植物を見た時に、ふと疑問を抱いたり、今までと見方が変わって新しいことに気づいてくれたら嬉しいです。そのため授業ごとに本質的な目標の設定とそれによる生徒の変化を考えながら授業を組み立てます。

松尾 私は少し前から問い作りをやっています。中学でも高校でも授業を受けている時、生徒は聞くだけであったりノートをとるだけになりがちです。そうならずに自分の内側から疑問を持ち、問いを立ててほしいと思い、QFT(※)という手法を取り入れました。課題解決には良い問いを立てることが重要であるという考え方のもと、問い作りをする手法です。まずテーマを設定し、それに対してたくさん質問を作ります。次にそれぞれの質問の意味や、本質的な問いかどうかなどを精査します。精査を通して、「良い問いや情報が増える問いとは何か」など、問い自体について学びます。最初は質問が浮かばず消極的な生徒も、慣れてくると次々に質問が出てくるようになります。他の授業でも生徒からの質問が増えるようになりました。

続橋 小学校では、まずは「すごいな、不思議だな、楽しいな」と子どもたちが感じた気持ちを大切にしています。そしてその感じたことを、その子だけではなく他の子にも共有できるよう心がけて授業を行っています。また子どもたちには理科を、1回ごとの授業や学年ごとで終わる教科ではなく、中学、高校になっても身近にある連続性のある学びとして捉えてほしいと考えています。

佐藤 松尾先生、続橋先生のお話に共通することですが、子どもたちには自分の感覚や気づきを本当に大事にしてほしいですよね。私も最初から教えるのではなく、生徒自身が発見できるスタイルをとりたいと思っています。

左から佐藤先生、松尾先生、続橋先生。子どもたちが主体的に学ぶこと、その学びを力に変えていくことい真摯に向き合っている様子が伺えました。

 

1 / 4p

 


ページの先頭へ