お知らせ

  • プレスリリース
  • 各校情報
  • 聖学院中高

聖学院中高「子どもの読書活動優秀実践校」文部科学大臣表彰を受賞

地域における知の発信と、生徒の居場所づくりを担う図書館

聖学院中学校・高等学校(東京都北区、学長:角田秀明)は、学校図書館として取り組んでいる様々な活動が認められ、2020年3月31日に「子どもの読書活動優秀実践校」文部科学大臣表彰の対象校となりました。「子どもの読書活動優秀実践校」とは、子どもが積極的に読書活動を行う意欲を高める活動を推進するため、特色ある優れた実践を行っている学校、図書館、団体・個人に対し、文部科学省が対象校を指定する取り組みです。

■聖学院中学校・高等学校図書館が目指すもの
「地域における知の情報発信基地、生徒にとっては家のような温かい居場所」
聖学院中学校図書館は、「動的図書館」として、生徒・保護者・教職員の文化を撹拌し、発展させていくことを目指しています。多くの方が、読書を通して人とつながることができるよう、様々な企画を用意し学内のみならず地域の知の情報発信基地として貢献することを目指しています。朝は7時30分から開館し、始業前に図書館に立ち寄る生徒もいます。朝から「いってらっしゃい」の声が響く家庭のような居場所づくりを実践する図書館です。

具体的な活動の一例
1、読書推進活動(やみぼん・図書館だよりにおける教職員のリレーエッセー)
2、教科との連携(処方図書、社会科との定例会議、ノート大賞など)
3、生徒による図書館活動(学校説明会でのボランティア、図書委員活動など)
4、部活動との連携(高校サッカー部のビブリオバトルなど)
5、保護者への読書支援(保護者への貸出、講演会の実施など)

プレスリリースプリント用

【取材に関するお問い合わせ】
広報センター 担当:松田・神戸
Email: pr_h@seigakuin-univ.ac.jp
※在宅勤務を実施しております。お問い合わせはメールにてお願いします。

 

ページの先頭へ