お知らせ

  • プレスリリース
  • 学院ビジョン

聖学院ビジョン年次報告書発行

 

創立120周年を見据えた経営&教育アクションプランの実践

学校法人聖学院(東京都北区中里3-12-2、理事長:清水正之)は、創立120周年となる2023年までの中期経営計画「聖学院ビジョン」の2018年度年次報告書を、2019年6月1日に発行いたしました。幼稚園から大学院までを擁する聖学院は、少人数教育を大切にしているミッションスクールです。2018年度にSDGsを推進するグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンに署名、加入し『「誰一取り残さない」社会の実現を目指して』をビジョンのキーメッセージに掲げています。ライフシフト、人生100年時代と呼ばれる社会環境にあって、総合学院が担う教育の使命とは何かを問いながら、経営6分野、系列9校のアクションプランを総括し実施事項をとりまとめました。配布先は教職員、卒業生、保護者、関連企業、マスコミの方々を想定しています。

CONTENTS
【2018年度年次報告書】
 理事長メッセージ
 聖学院ビジョン概要と運営方法
 聖学院ビジョンTOPICS
 経営アクションプラン報告
 教育アクションプラン報告
 聖学院ビジョン説明会履歴・会議アジェンダ

ページの先頭へ