教科教育

工夫を凝らした授業で学習意欲を引き出す

教科教育

子どもたちの学ぶ意欲を育て、引きだし、伸ばしていくことを大切にしています。そのために、教師はカリキュラムや教科の研究につとめています。国語・算数・社会は学級担任が、理科・英語・音楽・体育・図工・家庭科の授業は教科専任の教師が行います。経験豊かな教師が教材の開発にも携わり、日々の授業に工夫を凝らしながら一貫性のある指導を行っています。

オープンスペースで‘伝え合う力’を伸ばす
ワークショップ型の学習

ワークショップ型学習

各クラスの前には、一般的な廊下とは異なるオープンスペースが広がり、授業中でも壁に遮られることなく移動することができます。授業内容に応じて資料や作ったものを広げて並べたり、数人ずつに分かれてグループ学習を進めたりと、フレキシブルに活用されます。教師と児童が知識と知恵を共有していくワークショップ型学習が増えていく予定です。

学習メディア環境とリンクした
先進のiPad活用授業

iPad活用授業

聖学院小学校ではiPadの活用をすべての教科で進めており、生徒たちも楽しみながら熱心に取り組んでいます。新校舎には全教室にプロジェクターが完備されているので、ノートとしてiPadに書き込んだ内容を投影して自分の考えを発表したり、クラスメイトの考えと比較したりすることが瞬時にでき、‘表現する力’ ‘共に学ぶ力’が自然に育まれます。また、各教室に無線LANが整備されており、インターネットで調べものをするのも容易です。与えられるのではなく活きた資料を自ら調べることで、能動的な学習の姿勢を身につけます。

1週間の教科別授業時間数

1週間の教科別授業時間数


ページのトップへ戻る