有賀 貞氏講演会「アメリカ民主主義のゆくえ」

今秋、創立20周年を迎える聖学院大学は、「デモクラシー」と「愛」をテーマに講演会を企画しました。日本社会に対して「新しい指標を立て」「希望ある世界の形成」を目指すプロテスタント・キリスト教大学として建てられた聖学院大学の使命を想い起こしつつ、聖学院大学大学院教授・一橋大学名誉教授の有賀 貞氏をお迎えし、アメリカ民主主義の行方を展望します。
これは、大学創立20周年記念行事の一環で行われ、外部にも公開される講演会となります。

○聖学院大学創立記念行事の詳細は http://seigakuin.d2.r-cms.jp/

>印刷用PDF

■創立20周年記念講演会
日時 2008年10月29日(水)10:40~12:15
会場 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1-1) 
講演  「アメリカ民主主義のゆくえ」
有賀 貞氏(聖学院大学大学院教授/一橋大学名誉教授)

※要申込、入場無料

お申し込み方法:
往復ハガキに①氏名、郵便番号、住所、電話番号②プログラム名③参加人数をご記入の上、「〒362-8585埼玉県上尾市戸崎1-1 聖学院大学総務課」までお送り下さい。追って、返信ハガキが届きますので、当日そのハガキを会場にお持ち下さい。

■有賀 貞(あるが・ただし)氏 プロフィール
元アメリカ学会会長。一橋大学名誉教授。1955年東京大学大学院修士課程修了、同大学大学院社会科学研究科博士課程入学後、スタンフォード大学大学院およびプリンストン大学大学院に留学。1979年一橋大学法学部教授に就任。2001年聖学院大学大学院アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科教授就任。主な著書に『近現代世界の国際関係史』研究社2003年、『ヒストリカル・ガイド アメリカ』山川出版2004年等がある。

2008年10月21日 10:52 Newsrelease

ナビゲーション

検索