聖学院で第二次教育会議第3回会同を開催します

今夏、学校法人聖学院では「第二次聖学院教育会議第3回会同」を開催することとなりました。
2000年から聖学院の教育指針を明確にするために、全教職員で行われた「聖学院教育会議(第一次)」は2002年「聖学院教育憲章」を宣言しました。それを受けて聖学院は全法人的な改革を進め、創立100周年の締めくくりとして、2006年「聖学院百周年聖約」を発表し、昨年夏には「第二次教育会議」をスタートさせました。今回は第二次教育会議の第3回目となります。
第二次聖学院教育会議では教職員だけでなく、PTAや同窓会の方々にも参加を呼び掛け、一緒に現在の教育問題を考え、これからのあり方を探るという新しい試みとなるものです。広く、教育関係者やジャーナリストにも開かれた会議となっています。

>印刷用PDF

■第二次聖学院教育会議第3回会同概要
日時 8月5日(火)9:30~16:00
会場 聖学院中学高等学校・ガイホール(東京都北区中里3-12-1)
プログラム
主題「よみがえるミッション 聖学院 ~教育指導の新しい取り組み~」
9:30~  開会礼拝
9:45~  講演 「大量殺傷事件についての考察」作田明氏
         「日本社会の構造変化をどのように教育に活かすか」
-最近の事例を念頭に置きつつ検討する- 平山正実氏
10:45~ セッションⅠ 講演を受けて(各校幹部教職員)
12:00~ 昼食
13:00~ セッションⅡ 講演・セッションⅠを受けて(学長・校長・園長他)
15:30~ 宣言採択
15:45~ 閉会祈祷会

●作田明氏プロフィール
1950年生まれ。医学博士、臨床心理士、精神保健指定医。聖学院大学人間福祉学科客員教授。精神医学、犯罪心理学に関する著作、論文を多数発表している。

●平山正実氏プロフィール
1938年生まれ。医学博士、精神保健指定医。聖学院大学大学院教授・総合研究所客員教授・カウンセリングセンター所長、北千住旭クリニック院長。元東洋英和女学院大学大学院教授。

2008年08月01日 11:55 Newsrelease

ナビゲーション

検索