大学・子育て支援センター「わかば」がスタートしました

聖学院大学では、2歳~3歳児とその親を対象に行う、子育て支援センター「わかば」を2008年5月からスタートさせました。
同センターは、一昨年より同法人の聖学院みどり幼稚園が「わかば」クラスとして運営していましたが、このたび隣接する聖学院大学が、その専門性を活かし、近隣に在住する未就園児の親子の保育支援を行うことを目的として発足しました。保育場所は、同幼稚園敷地内に改装した木の家「わかば」で、児童学科教員が中心となって保育指導・育児相談にあたり、同学科の学生が保育ボランティアを行っています。このように大学と幼稚園が協力して地域の子育て支援を行うところに特色があります。
またメリットとして、1)大学や幼稚園の施設を利用したり、イベントを一緒に行ったりすることで、多彩な保育活動の展開が可能 2)同世代の親子または、学生との自然な交流が可能 3)幼稚園教諭・保育士志望の学生が、就職前に保育体験の機会を増やすことができる、などがあります。
現在、親子74組が同センターに週に1度通い、順調に活動を行っています。

>印刷用PDF


■概要
日程:毎週火・水・木、いずれか一日を希望し、参加します。*随時見学可能です。
   第1期は申込終了。第2期以降は別途申込受付を行います。
(第1期)全10回 開始 5月13日(火)14日(水)15日(木)より毎週
(第2期)全14回 開始 9月9日(火)10日(水)11日(木)より毎週
(第3期)全10回 開始 1月13日(火)14日(水)15日(木)より毎週

場所:子育て支援センター「わかば」(聖学院みどり幼稚園内:埼玉県さいたま市西区内野本郷820)
時間:午前10:00~12:00
費用:第1期 5,000円 第2期 7,000円 第3期 5,000円(水曜のみ4,500円)
スタッフ:
センター長 村山順吉 児童学科長・聖学院みどり幼稚園副園長
常任顧問・育児相談 長山篤子 児童学科客員教授・キリスト教保育連盟理事長
顧問 濱田辰雄 聖学院みどり幼稚園園長
保育 スタッフ8名(内、学生スタッフ5名)  相談・講演 児童学科教員
活動内容:
・2歳から3歳の幼児集団の中で、親子で遊びながら人との関わりを豊かに育てます。
・専門教員への育児相談も随時可能、そのほか育児に関する講演などを行っていきます。

2008年06月13日 10:24 Newsrelease

ナビゲーション

検索