大学でほたる祭り2008を開催します

1960年代頃まで、大学の前を流れる鴨川には、ホタルが生息していました。地域の人たちと一緒にそのホタルの再生に取り組んだのが聖学院大学のホタルのビオトープ~ひかりのせせらぎ~です。ホタル再生で有名な板橋区職員阿部宣男さんに設計を依頼し出来上がりました。ほたる祭りはホタルの飛翔するこの季節に2004年から毎年学生が主体となって運営・開催で今年5周年、近隣の方々が家族ぐるみで訪れる地域のイベントとなっています。マスコットキャラクターのまるほちゃんも有名。

>印刷用PDF

■日時
2008年6月13日(金)、14日(土)(小雨決行・雨天の場合はチャペルでのみ開催)
18時20分開場、18時40分開演  ほたる鑑賞開始予定:両日とも19時50分

■場所
  聖学院大学チャペル(上尾市戸崎1-1)

■プログラム
  ◎13日 聖学院大学フィルハーモニー管弦楽団演奏
        ほたるクイズ
  ◎14日 ほたるクイズ
        ドラマ『光のせせらぎ』
※両日とも、チャペルでのイベント後、「ひかりのせせらぎ」(ホタル池)に
移動し、ゲンジボタルの鑑賞をします。

主催:聖学院大学ほたる祭り実行委員会
協力:聖学院大学
    聖学院大学フィルハーモニー管弦楽団
   NPO法人コミュニティ活動支援センター

●ビオトープ(Biotop、ドイツ語):バイオトープ(biotope、英語)とも表記し、生物群集の生息空間を示す言葉である。日本語では生物空間とも略される。語源はラテン語とギリシア語からの造語で、「bio(いのち)+topos(場所)」である。

2008年06月11日 14:36 Newsrelease

ナビゲーション

検索