聖学院大学アドミッションセンターNEWS for Supporters No.16

2008年6月27日(金曜日)発行のメールマガジンNo.16を掲載。

〓〓〓〓〓〓〓聖学院大学アドミッションセンターNEWS〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

      for Supporters No.16

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2008年6月27日(金曜日)〓〓〓〓〓

┌────── * 今 回 号 の ト ピ ッ ク ス * ────────┐

│1├・サポーターズの皆さまへ
│ 
│2├・今後のオープンキャンパス日程について
│   
│3├・ほたる祭り2008開催
│   
│4├・お知らせ
└─────────────────────────────────┘
◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■1.サポーターズの皆さまへ
――――――――――――――――――――――――――
聖学院大学の陸上部がブレークしてます。県大会ですが、めまぐるしい活躍なのです。

<第63回埼玉県選手権。女子四百メートル障害で第2位、女子やり投げで第2位、第4位。
男子走り幅跳びで第1位、第3位。女子二百メートルで第5位。女子棒高跳びで第1位(大会
新記録)。女子砲丸投げで第6位。また前回行われた第87回関東学生陸上競技対校選手
権大会では、男子走り高跳びで第2位の成績を残している。>

本学はスポーツ推薦を力を入れてやっているわけでもお金をかけて強化策を実施しているわ
けでもありません。そこが、すごいことなのです。当然、高校時代に記録を持った選手は、ス
ポーツ推薦や特待生で体育大学やそのスポーツ強豪大学に進学します。それ以外の受験生
の場合が微妙で、そのままスポーツを続けるか迷うことになります。そうした選手が聖学院大
学に入って「伸びてきている」ということです。大きな大学に入って「埋もれるか」、小規模大学
で「伸びるか」、実はこれは大きな違いなのです。小規模大学のアドバンテージであり、メリット
なのです。小規模大学のサバイバルを考える際のヒントではないでしょうか。

前も書きましたが、二極化というキーワードについてです。ある会社のレポートを見せてもらい
ました。そこに、中位大学は上位の大学からは受験生を奪われ、特色を打ち出した下位の大
学からも、確実に受験生を奪われているとありました。だから、早く、改革に着手しなければい
けないというレポートでした。このレポートを読んでいくつかのことに気づかされました。まず、
「どこに向けられたレポートか」ということ。当然、中位の大学向けのレポートであるわけです。
営業の効率からすれば、中位の大学を相手にした方が商売になると考えるのは、私のひがみ
でしょうか。このことは、予備校主催の「入試結果報告会」からも感じた感想です。

収容学生数からいえば、上位の3割くらいの大学が学生数の7割くらいを抱えていることになって
います。(いわゆる2:8のパレートの法則に近いものです。)雑な計算ですが、小さな大学が全国
に500校あることになります。だれのためのレポートかを考えてみてもいいのではないでしょうか。

もう一点は、なるほど小規模大学は学生獲得において、受験生数ではなく、入学者数の獲得に
動いていて、とれているところはとれているということです。中位の大学は受験生数獲得競争を
降りられないわけで、その理由は、受験料収入にあるのではないかと見ています。

受験生が集まらなければ優秀な学生はとれないという論理を聞きますが、今の入試を見ている
とそれは「まゆつば」です。だいぶ学力下位の学生を入学させている実態をみれば歴然です。
このまま行くと中位の大学の「リストラ」と「ダウンサイジング」しかないと考えられませんか。そう
なると意外と二極化の下の極のサバイバル戦略が見えてきます。
本学は「のるかそるか」という馬の背越えを今年もやることにはなりますが、面白い時代になりま
した。

アドミッションセンター マネージャー 山下 研一(聖学院広報センター 所長)

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2.今後のオープンキャンパス日程について
―――――――――――――――――――――――――

┌──────── * オープンキャンパス *──────────┐   
│ 
│ ●日程: 
│    6月28日(土)10:00~16:00
│    7月21日(月・祝)10:00~15:00
│    8月2日(土)10:00~15:00
│    8月23日(土)10:00~15:00
│ ~入試概要説明、模擬講義や個別相談、キャンパスツアーなど~

│ ●オープンキャンパスの年間スケジュールはこちら!
│  ⇒ http://www.seigakuin.jp/oc/01ocsche.html

└──────────────────────────────┘

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■3.ほたる祭り2008開催
―――――――――――――――――――――――――
ホタル再生で有名な板橋区職員阿部宣男さんに設計を依頼し出来上がった聖学院大学のホタル
のビオトープ~ひかりのせせらぎ~。ほたる祭りはホタルの飛翔するこの季節に2004年から毎
年学生が主体となって運営・開催で今年5周年、近隣の方々が家族ぐるみで訪れる地域のイベ
ントとなっています。マスコットキャラクターのまるほちゃんも有名です。この機会にぜひ一度、聖
学院のホタルを見にいらしてください。
■日時
  2008年6月13日(金)、14日(土)
  (小雨決行・雨天の場合はチャペルでのみ開催)
  18時20分開場、18時40分開演
  ほたる鑑賞開始予定:両日とも19時50分
■場所
  聖学院大学チャペル
■バスのご案内
※金曜日のみ無料でバスがご利用できます。
※車でのご来場はご遠慮下さい。
▼宮原駅西口発
 18時 5 25 35 48
 19時 10 45
▼日進駅発
 18時 10 30
 19時 15 50
  ⇒バス乗り場についてはこちら http://www.seigakuin.jp/info/bus.htm
■プログラム
  ◎13日 聖学院大学フィルハーモニー管弦楽団演奏
        ほたるクイズ
  ◎14日 ほたるクイズ
        ドラマ『光のせせらぎ』
※両日とも、チャペルでのイベント後、「ひかりのせせらぎ」(ホタル池)に移動し、ゲンジボタル
の鑑賞をします。
▽ほたる祭りについて詳しくはこちらから
http://seigakuin.d2.r-cms.jp/blog_detail/blog_id=1&id=27

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■4.お知らせ
―――――――――――――――――――――――――
★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
入学前準備教育報告書ができあがりました。本学の入学前準備教育は開始して8年
となりますが、その取り組みについて読売、朝日新聞等で取り上げられています。

ご希望であれば、報告書をお送りしますので、メールpru@seig.ac.jpでご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★

        ☆  ★  ☆  ★  ☆

      面倒見のよい大学。入って伸びる大学。

        ☆  ★  ☆  ★  ☆


◇◇――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■配信先変更および配信停止はお知らせください。こちら→ pru@seig.ac.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お申込み・お問合せは、
 アドミッションセンター 担当 栗原 まで。
 (TEL048-725-6191 pru@seig.ac.jp)
 発行 聖学院大学
    アドミッションセンター(入試業務担当部署)
 TEL 048-725-6191
 FAX 048-725-6891
 URL http://www.seigakuin.jp/
 〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

2008年06月28日 13:20 メールマガジン

ナビゲーション

検索