聖学院大学アドミッションセンターNEWS for Supporters No.12

2008年2月12日(火曜日)発行のメールマガジンNo.12を掲載。

〓〓〓〓〓〓〓聖学院大学アドミッションセンターNEWS〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          for Supporters No.12

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2008年2月12日(火曜日)〓〓〓〓〓〓〓

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
サポーターズの皆さま、2月も中旬に入りました。
入学前準備教育がスタートし、4月からの大学生活を前に充実した日々を送ることができ
るよう受講生のために広報スタッフ一同、様々なサポートをしています。
入試シーズンも中盤に入り、2008年度入試を良いカタチで締めくくることできるよう
努力しています。サポーターズの皆さまにも引き続きアドバイスやご協力よろしくお願い
いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌────── * 今 回 号 の ト ピ ッ ク ス * ────────┐
│1├・サポーターズの皆さまへ
│2├・一般入試の概要について
│3├・入学前準備教育プログラム、今年も開講!
│4├・大学の夢あきらめないで!
└──────────────────────────────────────────────┘
◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■1.サポーターズの皆さまへ
――――――――――――――――――――――――――
一般入試の中盤戦に入りました。
予測した通り、中盤戦は聖学院大学のような中規模・設立20年くらいの大学は苦戦です。
中期日程は前期日程と合わせて併願校を決めていますので、むしろ、後期(3月入試)日
程がどう動くかが関心事となってきました。
すなわち昨年同様、上中位マンモス大学の合格率が上がり、3月入試には受験生が残って
いないということになるのか、昨年の反動で合格者を絞り、3月入試にゆり戻しがあるか
どうかです。

昨年はMARCHレベルで受験生数も増え、合格率も上がるという一見矛盾した動きをしたわ
けですが、今年は合格率の方で少し変動が見られるのではないかと、淡い期待をもっていま
す。期待だけではなく、それに向けた対策を始めました。交通広告や新聞広告が手っ取りば
やいですが、聖学院大学では少し違うアプローチを試みています。まだ、定員割れまでは少し
余裕があるうちに「大いなる失敗」をしておこうという作戦です。

昨日の朝日新聞にキャッチフレーズの記事がでました。以下は問い合わせがあった時に
朝日新聞の記者にメールしたものです。合わせて読んでいただければ、広報がどのような
ことを考えているかわかっていただけると思いますし、皆様からのアドバイスにヒントも
あるかもしれません。

------------
朝日新聞
○○様

さきほどはお電話ありがとうございました。

聖学院大学のキャッチフレーズ「面倒見のよい大学。入って伸びる大学。」は
2000年から使用し始めました。結構早いほうだと思います。

ちなみに、2000年当初は「面倒見のよい大学」だけでした。
2000年に『悪問だらけの大学入試』という本を河合塾の丹羽健夫さんがだしています
その中にキャッチフレーズに関する最初のヒントがありました。
実は2000年の4月に週刊朝日がFランクという記事を書きました。
そのことの背景を調べていくうちに河合塾の丹羽さんがいっている真意、
偏差値ではない、指標による大学選びという考え方が主流になると考え、
積極的にキャッチフレーズ作りに取り組みました。

「面倒見のよい大学。入って伸びる大学。」とセットになったのは2002年からです。
受験生に対する「コミットメント=約束」の意味を込めています。

→掲載記事はこちら http://www.seig.ac.jp/news/img-212111029.pdf

      (聖学院大学 アドミッションセンターマネージャー 山下 研一)

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2.一般入試の概要について
―――――――――――――――――――――――――

┌──────── * 一般入試日程概要 * ───────────────┐   

│ B日程:■試験日  2月15日(金)
│     ■試験会場 本学、代々木(東京)  
│ 
│ C日程:■試験日  3月4日(火)
│     ■試験会場 本学、郡山、新潟、高崎、代々木(東京)
│ 
│ D日程:■試験日  3月15日(土)
│     ■試験会場 本学会場のみ

│ 対象学科 ■B・C日程は、全学科(政治経済、コミュニティ政策、欧米文化、
│       日本文化、児童、人間福祉)
│      ■D日程は、政治経済、コミュニティ政策、欧米文化、日本文化、
│       人間福祉のみ

│ 一般入試要項の詳細はこちら!
│  ⇒ http://www.seigakuin.jp/admission/01summary/outline_04.htm
└─────────────────────────────────────┘

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■3.入学前準備教育プログラム、今年も開講!
―――――――――――――――――――――――――――

入学前準備教育が始まりました。

◆プログラム内容:基礎英語、文系国語表現力基礎、基礎数学完成、コンピュータ教育
 このほか、英語集中講座もあります。
◆2月講座は2月5日(火)にスタートしました。
◆3月講座は3月5日(火)から開講です。
  
詳細は⇒ http://www.seigakuin.jp/admission/jizen/index.html

★サポーターズの皆さまもぜひ見学取材にいらしてください。お待ちしております。
2月20日(水)にはデジタルペンのアノトジャパンの方も見学にみえます。


◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■4.大学の夢あきらめないで!
―――――――――――――――――――――――――――

欧米文化学科の特長や基礎知識などを盛り込んだHPを作成しました。今回は留学特集
ページと検定ごっこをご紹介します。中でも、検定ごっこという脳トレは楽しみながら
学べる検定です。現在のところ『ヨーロッパ地理編』と『アメリカ編』をお届けして
います。ぜひ実際にチャレンジしていただき、ご感想・ご意見などお寄せいただければ
幸いです。

留学特集「大学の夢あきらめないで!」はこちら→ http://www.seigakuin.jp/camp/

検定ごっこはこちら→ http://seigakuin.d2.r-cms.jp/blog_detail/id=13

        ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

      面倒見のよい大学。入って伸びる大学。

        ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


◇◇―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■配信先変更および配信停止はお知らせください。こちら→ pru@seig.ac.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お申込み・お問合せは、
 アドミッションセンター 担当 栗原 まで。
 (TEL048-725-6191 pru@seig.ac.jp)
 発行 聖学院大学
    アドミッションセンター(入試業務担当部署)
 TEL 048-725-6191
 FAX 048-725-6891
 URL http://www.seigakuin.jp/

2008年02月16日 11:14 メールマガジン

ナビゲーション

検索