2008年01月 アーカイブ

« 2007年11月 | メイン | 2008年02月 »

聖学院大学アドミッションセンターNEWS for Supporters No.11

2008年01月25日

2008年1月25日(金曜日)発行のメールマガジンNo.11を掲載。

〓〓〓〓〓〓〓聖学院大学アドミッションセンターNEWS〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

              for Supporters No.11

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2008年1月25日(金曜日)〓〓〓〓〓〓〓

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
サポーターズの皆さま、寒い日が続いていますがお元気ですか?
入試シーズンに入り、受験生とともに大学募集に関わる人間にとっては出願数のことで
毎日頭がいっぱいです。サポーターズの皆さまもいろいろな方面からのご協力よろしく
お願いいたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌────── * 今 回 号 の ト ピ ッ ク ス * ────────┐
│1├・サポーターズの皆さまへ『お知らせとお願い』
│2├・一般入試の概要について
│3├・入学前準備教育プログラム、今年もまもなく開講!
└─────────────────────────────────────┘
◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■1.サポーターズの皆さまへ『お知らせとお願い』
―――――――――――――――――――――――――――

センター試験が終わり、一般入試の出願が本格化してきました。
聖学院大学では毎日出願数をネットで公開しています。
http://www.seigakuin.jp/admission/03successful/jokyo.htm

ここで、サポーターズのみなさんにお知らせとお願いがあります。
どうも、本学の人文学部欧米文化学科の出願がよくありません。
読みとしてあと入学者数で10人くらい足りないという感じです。

本日からテコ入れをしていこうと考えていますが、新聞広告、交通広告以外で
有効な手だてがありましたら、御連絡ください。検討します。

インターネットでの出願促進策は、動いています。方法は、かなり面白いもの
ですが、しばらくは秘密にしておきます。
オーバチュアとアドセンスの新しいキーワードも買いに入りました。ただリス
ティングだけではない方法です。

その他、他大学の情報があればお教えください。
ここから、留学を考えている受験生、上位大学の人文学部、外国語学部、国際
教養系学部で失敗した受験生に届くメッセージやメディアを探しています。

聖学院大学 アドミッションセンター
マネージャー 山下 研一

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2.一般入試の概要について
―――――――――――――――――――――――――

┌──────── * 一般入試日程概要 * ───────────────┐

│ A日程:■試験日  2月4日(月)
│     ■試験会場 本学、仙台、郡山、新潟、高崎、代々木(東京)、横浜、
│           柏、長野、立川(東京)
│    
│ B日程:■試験日  2月15日(金)
│     ■試験会場 本学、代々木(東京)  
│ 
│ C日程:■試験日  3月4日(火)
│     ■試験会場 本学、郡山、新潟、高崎、代々木(東京)
│ 
│ D日程:■試験日  3月15日(土)
│     ■試験会場 本学会場のみ

│ 対象学科 ■A~C日程は、全学科(政治経済、コミュニティ政策、欧米文化、
│       日本文化、児童、人間福祉)
│      ■D日程は、政治経済、コミュニティ政策、欧米文化、日本文化、
│       人間福祉のみ

│ 一般入試要項の詳細はこちら!
│  ⇒ http://www.seigakuin.jp/admission/01summary/outline_04.htm
└─────────────────────────────────────┘

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■3.入学前準備教育プログラム、今年もまもなく開講!
―――――――――――――――――――――――――――

前号でお伝えした通り、入学前準備教育がまもなく始まります。

◆プログラム内容:基礎英語、文系国語表現力基礎、基礎数学完成、コンピュータ教育
 このほか、英語集中講座もあります。
◆2月講座は2月5日(火)からスタートします。
◆3月講座は3月5日(火)からスタートします。
  
詳細は⇒ http://www.seigakuin.jp/admission/jizen/index.html

サポーターズの皆さまもぜひ見学取材にいらしてください。お待ちしております。


        ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

     面倒見のよい大学。入って伸びる大学。

        ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

◇◇―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■配信先変更および配信停止はお知らせください。こちら→ pru@seig.ac.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お申込み・お問合せは、
 アドミッションセンター 担当 栗原 まで。
 (TEL048-725-6191 pru@seig.ac.jp)
 発行 聖学院大学
    アドミッションセンター(入試業務担当部署)
 TEL 048-725-6191
 FAX 048-725-6891
 URL http://www.seigakuin.jp/
 〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆


続きを読む

デジタルペンを活用した入学前準備教育が行われます

2008年01月23日

聖学院大学では、2月・3月と、推薦入試、AO入試等で入学手続きを終えた2008年度入学予定者(希望者)を対象に、「入学前準備教育」を行います。大学で必要な基礎学力を確認し、補うことを目的とするこの特別な授業は今年で8年目になります。英語・数学・小論文、コンピュータ教育の科目を約10日間のスクーリングで行う入学前準備講座はあまり他大学で例を見ないものです。昨年4月には、マスコミで取り上げられました。
本学の入学前準備教育の特長は、1)本学自身が企画、運営をして、スクーリング中心であること、また全国でも10日間に渡って行っているところはない。 2)講師は本学が直接契約しており、講師が制作するオリジナルの教材を利用 3)小論文の添削、各受講生との個人面談は、本学の学生を中心に行われていること、4)昨年度よりアノト方式デジタルペンを利用し、数学・英語のテスト採点のほか、受講生の小論文の作成過程を画像で記録し、指導に生かす試みを展開。
昨年2月の受講者は204名、3月は125名でした。(受講率59%)
上記に加え、今年はデジタルペンを利用する授業を増やし、数学解法やプレゼンシート作成指導にも活用していく予定です。

アノト日本(株)のサイトでも導入事例として紹介されています。
http://group.anoto.co.jp/cldoc/businesscases-jp/

>印刷用PDF

■日程
2月講座
2月5日(火)~8日(金)、12日(火)、13日(水)、18日(月)~22日(金)
3月講座
3月5日(水)~7日(金)、10日(月)~13日(木)、17日(月)、21日(金)、
24日(月)、25日(火)

■デジタルペンを利用したシステム
スウェーデン・アノト社の技術を利用し、㈱ワオネットと大日本印刷㈱が共同開発したもの。
専用の紙にデジタルペンで書かれた文章を、デジタルペンに内蔵されたカメラが記録し、瞬時に保存・表示するシステム。

続きを読む

聖学院大学アドミッションセンターNEWS for Supporters No.10

2008年01月15日

2008年1月12日(土曜日)発行のメールマガジンNo.10を掲載。

〓〓〓〓〓〓〓聖学院大学アドミッションセンターNEWS〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

           for Supporters No.10

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2008年1月12日(土曜日)〓〓〓〓〓〓〓

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
サポーターズの皆さま、新年あけましておめでとうございます。
本年も「聖学院大学アドミッションセンターNEWS for Supporters 」をよろしくお願い申し上げます。

いよいよ、大学では入試シーズンに入りました。サポーターズの皆さまには、引き続き聖学院大学のことを口コミしていただければ幸いです。

さて、新年最初のこの「for Supporters」は10号目となりました。今年も皆さまに、いろんな情報を提供していきたいと思っています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌────── * 今 回 号 の ト ピ ッ ク ス * ────────┐
│1├・巻頭言『入試シーズン突入』
│2├・一般入試の概要と最新出願状況について
│3├・入学前準備教育プログラム始まります!
│4├・大学イベントのお誘い
└─────────────────────────────────────┘
◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■1.巻頭言『入試シーズン突入』
―――――――――――――――――――――――――――
いよいよ入試シーズンに突入し、日々がストレスを抱える毎日です。おそらくどこの大学の担当者もそうだと思いますが、出願数に一喜一憂する毎日。夕方にならないと仕事が手につかない状態です。

最近では予備校でも入試予測を出すところが少なくなりました。そんな中、駿台の石原さんの予想を読みました。新カリキュラムの2年目は平均点が下がるという予測です。あと早稲田、慶応などが人気化するというようなことですが、まあ、無難な予測という感じで、誰が読んでも、そうなるのでしょう。

しかし、10人が10人、同じように考える時には案外違うことが起こるものです。私は予測通りにはいかないと考えています。

そんな中で最近、元気な大学、考える広報をやっている大学を探すプロジェクトを私個人でスタートしました。全国から10人のキーマンを探しだしたいと思っています。そして、会いに行きます。こういう人がいるよという情報がありましたら、ぜひ教えてください。

大学はこのままでいいのか、高校の先生たちとも、立場を越えて話し合っていきたいと考えています。

聖学院大学の出願状況はホームページで公開しておりますので、ぜひチェックしてみてください。今年は苦戦しそうな学科があり、そのテコ入れに今必死になっています。必死になれば活路が見えてくることを信じてもがいております。

聖学院大学 アドミッションセンター
マネージャー 山下 研一

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2.一般入試A・B日程の概要と最新出願状況について
―――――――――――――――――――――――――

┌──────── * 一般入試日程概要 * ─────────────────┐

│ A日程:■出願期間<郵送>1月3日(木)~2月1日(金)必着
│         <窓口>2月1日(金)9:00~12:00

│     ■審査日  2月4日(月)
│     ■合格発表 2月7日(木)
│     ■手続期間 2月7日(木)~ 2月19日(火)

│ B日程:■出願期間<郵送>1月3日(木)~2月12日(火)必着
│         <窓口>2月12日(火)9:00~12:00

│     ■審査日  2月15日(金)
│     ■合格発表 2月18日(月)
│     ■手続期間 2月18日(月)~ 2月29日(金)
│ 
│ 一般入試出願状況はまいにち更新中!
│  詳細は http://www.seigakuin.jp/admission/03successful/jokyo.htm
└────────────────────────────────────────────────┘

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■3.入学前準備教育が今年も始まります!
―――――――――――――――――――――――――――
聖学院大学では、入学予定者を対象に、毎年「入学前準備教育」を行っています。「入学前準備教育」は、大学で学んでいくための基礎学力を確認し、補うための特別な授業です。
 聖学院大学は7年連続で、全国の高校の進路指導の先生が選ぶ「面倒見のよい大学」に選ばれました。この入学前準備教育も、本学の面倒見のよさがあらわれたもので、大学の講義をスムーズに受講できるように、基礎知識を固めるためのものです。これからたくさん書くことになるレポート・論文作成能力を高める「国語表現力」、大学での講義やパソコン・インターネット利用に必要な「英語基礎」、「数学基礎」など大学のみならず実社会に出てからもよく使うものばかりです。数学は実際に公務員試験に出された問題、英語は洋楽や童話、メール、ショッピングサイトなども教材にした実践的な講座です。
 この講座は2001年度入学生から実施して毎年改良を重ね、8年目になります。高校や大学、予備校などでの指導経験が豊富な先生が担当し、受講生の方からは「面白い授業で、教科のイメージが変わった」「わかりやすく役に立った」などと感想をいただいております。また90分授業や大学の環境に慣れ、学科を越えた友人が早くできるのも、もう一つのメリットです。

また、小論文と添削にデジタルペンを導入。
◇ ◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■4.大学イベントのお誘い
―――――――――――――――――――――――――――
1月16日(水)11:00~12:30 ジェームス・M・バーダマン氏講演会
「アメリカ公民権運動の軌跡-キング牧師暗殺後40年を前に」(要申込)
米国テネシー州生まれのバーダマン氏は1976年に来日し、いくつかの大学で教鞭を取ったのち、現在、早稲田大学文化構想学部教授。現在はアメリカ南部の総合的研究に取り組んでいます。著書に、『アメリカ南部』(講談社現代新書)他多数あります。

http://www.seigakuin.jp/admission/ah/ah_obei_form.htm


      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

面倒見のよい大学。入って伸びる大学。

      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

◇◇――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■配信先変更および配信停止はお知らせください。こちら→ pru@seig.ac.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お申込み・お問合せは、
 アドミッションセンター 担当 栗原 まで。
 (TEL048-725-6191 pru@seig.ac.jp)
 発行 聖学院大学
    アドミッションセンター(入試業務担当部署)
 TEL 048-725-6191
 FAX 048-725-6891
 URL http://www.seigakuin.jp/
 〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

続きを読む

ジェームス・M・バーダマン氏の特別講演会が行われます

2008年01月12日

欧米文化学科の連続講座では、アメリカ南部とキリスト教をテーマとした第2弾として早稲田大学教授のジェームス.M.バーダマン氏の特別講演会を行います。
 米国テネシー州生まれのバーダマン氏は1976年に来日し、いくつかの大学で教鞭を取ったのち、現在、早稲田大学文化構想学部教授。現在はアメリカ南部の総合的研究に取り組んでいます。著書に、『アメリカ南部』(講談社現代新書)などがあります。
本講演は、学生の授業の一環として行われますが、地域住民にも開かれています。

>印刷用PDF

■欧米文化学科 2007-2008年度 特別講演会 
日時 1月16日(水)11:00~12:30
場所 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1-1)
講演 「アメリカ公民権運動の軌跡-キング牧師暗殺後40年を前に」
講演者 ジェームス・M・バーダマン 早稲田大学文化構想学部教授

※入場無料
※参加申込方法 
聖学院大学アドミッションセンターまで、お名前、TELを記入してFAX(048-725-6891)、メール(pru@seig.ac.jp)でお申し込みください。ホームページからもお申し込み可能です。

続きを読む

ナビゲーション

検索