ラニー・ラッカー氏による特別講義が行われます

聖学院大学欧米文化学科では、6月27日(水)11時より日本ゴスペル界の第一人者、ラニー・ラッカー氏をお迎えし、特別講義「アメリカ・ゴスペル音楽の世界」を開催します。
講義の中で、アメイジング・グレイス等、数曲歌っていただき、聴衆と一緒に、ゴスペルを歌う時間も用意されています。本講義は、授業の一環として行われますが、広く地域住民の方にも開かれています。

>印刷用PDF

■特別講義概要
日時 6月27日(水)11:00~12:30
場所 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1-1)
講義 「アメリカ・ゴスペル音楽の世界」ラニー・ラッカー氏
主催 欧米文化学科

■ラニー・ラッカー氏 プロフィール
1951年アメリカ・ニューヨーク州生まれ。1977年本場ソウルバンド「ジョイ・トレイン」のメンバーとして初来日、1992年、ヴォーカル教室を開始、日本バプテスト連盟・調布南キリスト教会のミュージック・ディレクターを経て、「ゴスペル・ミュージックを通して神のグッドニュースを日本列島に伝える」というビジョンを神から与えられ、ラッカー・ゴスペル・ミニストリーの主宰となる。 国内初となる日本人に向けたゴスペル・ワークショップを開催。テレビ、ラジオ出演多数。


2007年06月22日 15:47 Newsrelease

ナビゲーション

検索