横内 悦夫氏の講演会が行われます

聖学院大学政治経済学科では、昨年にひきつづき今年も、学外の先生方をお招きして講演会を行っていく予定です。第一弾は、6月20日11時より聖学院大学チャペルにて、世界グランプリレース用2輪車の開発者、元スズキ株式会社取締役の横内悦夫氏による講演「世の中の流れを変えよう」を行います。多くの世界タイトルを獲得するまでの過程、販売合戦の2輪車業界の中にあってヒット商品を他に先駆けて次々と世に送り出し、スズキの2輪事業を黒字体質化した商品開発の考え方を紹介します。本講演は学生の授業の一環として行われますが、地域住民の方にも公開しております。

>印刷用PDF

■春の講演会2007
日時 6月20日(水)11:00~12:30
場所 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1-1)
講演 「世の中の流れを変えよう
            -世界グランプリ獲得への道」
                  横内 悦夫(元スズキ株式会社取締役)

主催:政治経済学科 後援:上尾市教育委員会 協賛:遊風社

■横内 悦夫(よこうち・えつお)氏 プロフィール
1934年宮崎県に生まれる1957年宮崎大学工学部卒、同年スズキ株式会社入社。2輪車の開発に携わる。1974年より世界グランプリレース用2輪車を開発し、チームを率いて世界を転戦、10数種目のタイトルをスズキにもたらす。1976年より市販車開発を担当、空冷水冷に代わる第三の方式、油冷式GSX-R750など多くのヒット商品を世に出したことで知られている。元スズキ株式会社取締役2輪設計部長。現在、浜松市在住。


2007年06月19日 13:39 Newsrelease

ナビゲーション

検索