2007年06月 アーカイブ

« 2007年04月 | メイン | 2007年07月 »

ラニー・ラッカー氏による特別講義が行われます

2007年06月22日

聖学院大学欧米文化学科では、6月27日(水)11時より日本ゴスペル界の第一人者、ラニー・ラッカー氏をお迎えし、特別講義「アメリカ・ゴスペル音楽の世界」を開催します。
講義の中で、アメイジング・グレイス等、数曲歌っていただき、聴衆と一緒に、ゴスペルを歌う時間も用意されています。本講義は、授業の一環として行われますが、広く地域住民の方にも開かれています。

>印刷用PDF

■特別講義概要
日時 6月27日(水)11:00~12:30
場所 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1-1)
講義 「アメリカ・ゴスペル音楽の世界」ラニー・ラッカー氏
主催 欧米文化学科

■ラニー・ラッカー氏 プロフィール
1951年アメリカ・ニューヨーク州生まれ。1977年本場ソウルバンド「ジョイ・トレイン」のメンバーとして初来日、1992年、ヴォーカル教室を開始、日本バプテスト連盟・調布南キリスト教会のミュージック・ディレクターを経て、「ゴスペル・ミュージックを通して神のグッドニュースを日本列島に伝える」というビジョンを神から与えられ、ラッカー・ゴスペル・ミニストリーの主宰となる。 国内初となる日本人に向けたゴスペル・ワークショップを開催。テレビ、ラジオ出演多数。


続きを読む

聖学院大学アドミッションセンターNEWS for Supporters №7

2007年06月19日

2007年6月15日(金曜日)発行のメールマガジンNo.7を掲載。

〓〓〓〓〓〓〓聖学院大学アドミッションセンターNEWS〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

   for Supporters №7

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2007年6月15日(金曜日)〓〓〓〓


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
サポーターズの皆様、こんにちは。
2007年度最初のメルマガをお届けします。サポーターズの皆様には
聖学院大学の『今』をこのメルマガを通じて発信します。
2007年度もどうぞよろしくお願いします!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌──────── * ト ピ ッ ク ス * ─────────┐
│1├・【巻頭特集】入試報告から見えてくる動向と見通し
│2├・6月オープンキャンパス告知!
│3├・AO入試「1日講義型」が2008年度入試から導入されます。
│4├・社会福祉士合格率が全国私立大学のなかで第1位に!
└───────────────────────────────────┘

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■1.【巻頭特集】入試報告から見えてくる動向と見通し
―――――――――――――――――――――――――――

昨年度入試の総括はいろんなところででているので今更なのですが、一応前回の
メールマガジンで予告したので違う観点で一言だけ。

 先日、52スクールが開催した入試報告会(東京)に行ってきました。六本木アカ
デミーヒルズのタワーホールで開催されたのですが、どのくらい入っていたでしょう。
軽く300人はいたでしょうね。広い会場がいっぱいでした。入試報告は河合塾の方で
した。高校へのアンケート結果は難関大志向が強まる一方で、安全志向が強まり、
資格志向が弱まったというものらしいです。

 異論なしです。これは年内入試と年明け入試の二極化の傾向でもあるでしょう。
センターの平均点の下降もあり私大の受験者が増えたというのもわかります。関東
でいえば、一般入試での東京の上位私大の増加が目立ってそればかりが注目される
結果となりましたが、これが何を意味するかを読み解くところから今年の入試の組
み立てが始まると本学は見ています。

 東京の上位私大の受験生増の影響をまともに受けたのは東京以外の関東圏の私大
です。2月から3月にかけて起こる「都落ち」現象が、ほとんど見られませんでした。
一般入試の受験者は東京の大学で納まったということです。

 受験生がかなり増えたように見えますが、実態は全学部入試などで受験生のカウ
ントを水増ししていますので、実受験者にしてどのくらい増えたかというのは、や
はり見えてきません。悪い言葉でいえば「囲い込み」が始まったわけで、これまで
の入試とはやはり大きな変動が起きた年、全入時代の幕開けというエポックメイキ
ングな年といえるでしょう。数字からは全入ではなかったということになるでしょ
うが、実態はかなりそれに近くなったと思われます。

 でもそうなると、大学の教育力が問われます。学力差のある学生の入学という問
題に直面します。本学では8年前から「面倒見の良い大学。入って伸びる大学。」と
いうキャッチフレーズをもとに教育力の向上に力をいれてきました。特に「入って
伸びる」ということがこれから注目されると思っています。本学は今年の社会福祉
士の現役合格率で私立大学中、全国1位という実績をあげました。これは、本学が
語ってきた「入って伸びる」ということの実証となる成果だと誇りに思っています。

 10年間かけて入試改革と教育改革を行ってきました。その成果が、この大学サバ
イバルの時代にあらわれることを願っていますが、そのためにはサポーターのみな
さまの一層の支援が必要です。ぜひ応援のほどよろしくお願いします。

聖学院大学 アドミッションセンター
マネージャー 山下研一

◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2.6月オープンキャンパス告知
―――――――――――――――――――――――――

┌──────── * オープンキャンパス * ──────────┐

│ ☆2007年6月23日(土)10:00~16:00
│  ※お申込みは必要ありませんので、ぜひご来場ください。

│ 大学選びはオープンキャンパスから!
│  ~主な内容~
│ 2008年度入試概要説明/AO入試ガイダンス/
│ 模擬講義/キャンパスツアー/個別相談/
│ 勉強法とノートの取り方・作り方
│ 詳細は http://www.seigakuin.jp/oc/
└───────────────────────────────────┘


 ---7月以降のオープンキャンパス日程をお知らせします---------
 
     ■7月16日(月・祝)10:00~15:00
     ■8月4日(土)10:00~15:00
     ■8月25日(土)10:00~15:00
■9月24日(月・振休)10:00~16:00
     ■10月20日(土)10:00~15:00

  詳細はコチラ http://www.seigakuin.jp/oc/01ocsche.html

 ------------------------------------
  
 
◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■3.AO入試「1日講義型」を2008年度入試から導入します。
―――――――――――――――――――――――――――

従来のAO入試(レポート型)に加えて2008年度からAO入試(一日講義型)
を実施します。受験生は50分の講義を聞いてノートを取り、わかりやすくまとめます。
そのノートをもとに面接を行い審査するという一日かけて受験生とじっくり付き合う
入試です。そのためオープンキャンパスではノートの取り方の講演を行います。

<http://www.seigakuin.jp/admission/01summary/outline_01.htm#oneday>


      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

   面倒見のよい大学。入って伸びる大学。

      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


◇◇ ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■4.社会福祉士合格率が全国私立大学のなかで第1位に!
―――――――――――――――――――――――――――

人間福祉学科2007年3月卒業者の社会福祉士合格率は68%(全国私立大学1位、全国
福祉系大学12位)!昨年を大きく上回る結果となりました。

 <http://www.seigakuin.jp/contents/faculty/human/0104course02.html>


◇◇―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■配信先変更および配信停止はお知らせください。こちら→ pru@seig.ac.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お申込み・お問合せは、
 アドミッションセンター 担当 栗原 まで。
 (TEL048-725-6191 pru@seig.ac.jp)
 発行 聖学院大学
    アドミッションセンター(入試業務担当部署)
 TEL 048-725-6191
 FAX 048-725-6891
 URL http://www.seigakuin.jp/
 〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

続きを読む

上田 清司埼玉県知事の講演会が行われます

聖学院大学政治経済学科主催の講演会第2弾として、6月21日(木)11時より聖学院大学チャペルにて、埼玉県上田清司知事による講演を行います。
「あらゆる行政分野に安心・安全を確保する思想を貫くこと」、「県庁を優れた経営体にすること」、「県庁を一番のサービス産業にすること」の三つの哲学を県庁に持ち込み、全力で改革に取り組んできた上田埼玉県知事。その「熱伝導改革」による日本一の県づくりを熱く語ります。本講演は学生対象の授業の一環として行われますが、広く市民の方々の参加を呼びかけています。

>印刷用PDF

■講演会概要
日時 6月21日(木)11:00~12:30
場所 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1-1)
講演 「明日を担う君たちへ~熱伝導県政改革」上田 清司(埼玉県知事)
主催 政治経済学科

■上田 清司(うえだ・きよし)知事 プロフィール
1948年5月15日福岡県福岡市生まれ。1971年法政大学法学部法律学科卒業。1975年早稲田大学大学院政治学研究科修了。1976年新自由クラブ立党に参画。1979年~86年建設省建設大学校非常勤講師「地域社会論」「国土計画論」担当。1993年衆議院議員初当選(3期連続)。
2003年埼玉県知事に就任。現在に至る。主な著書『法律はお役人のメシの種』(オーエス出版)

続きを読む

横内 悦夫氏の講演会が行われます

聖学院大学政治経済学科では、昨年にひきつづき今年も、学外の先生方をお招きして講演会を行っていく予定です。第一弾は、6月20日11時より聖学院大学チャペルにて、世界グランプリレース用2輪車の開発者、元スズキ株式会社取締役の横内悦夫氏による講演「世の中の流れを変えよう」を行います。多くの世界タイトルを獲得するまでの過程、販売合戦の2輪車業界の中にあってヒット商品を他に先駆けて次々と世に送り出し、スズキの2輪事業を黒字体質化した商品開発の考え方を紹介します。本講演は学生の授業の一環として行われますが、地域住民の方にも公開しております。

>印刷用PDF

■春の講演会2007
日時 6月20日(水)11:00~12:30
場所 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1-1)
講演 「世の中の流れを変えよう
            -世界グランプリ獲得への道」
                  横内 悦夫(元スズキ株式会社取締役)

主催:政治経済学科 後援:上尾市教育委員会 協賛:遊風社

■横内 悦夫(よこうち・えつお)氏 プロフィール
1934年宮崎県に生まれる1957年宮崎大学工学部卒、同年スズキ株式会社入社。2輪車の開発に携わる。1974年より世界グランプリレース用2輪車を開発し、チームを率いて世界を転戦、10数種目のタイトルをスズキにもたらす。1976年より市販車開発を担当、空冷水冷に代わる第三の方式、油冷式GSX-R750など多くのヒット商品を世に出したことで知られている。元スズキ株式会社取締役2輪設計部長。現在、浜松市在住。


続きを読む

ナビゲーション

検索