「西欧からの楽器の伝播─薩摩琵琶とリュート─」演奏とお話を催します

歴史を遡ると、実は同じ祖先である薩摩琵琶とリュート。演奏家として活躍中の岩佐鶴丈氏(薩摩琵琶)と佐藤亜紀子氏(リュート)による演奏とお話から、楽器の伝播にまつわる文化的・歴史的背景などに迫ります。また、本邦初の試みとして、西欧の語り物「オデュッセイア」の一節が薩摩琵琶により語られます。

>印刷用PDF

■人文学部アセンブリーアワー(公開講座)
日時 12月13日(水)11:00開演(10:50受付開始)   
場所 聖学院大学チャペル                     
出演 岩佐鶴丈(薩摩琵琶)、佐藤亜紀子(リュート)
予約不要・無料(一般参加可)               
                                  
■出演者プロフィール                       
◆岩佐鶴丈(いわさ・かくじょう)                
古典曲、現代曲などジャンルを問わない幅広い演奏活動を展開、レコーディング、TV、映画などでも活躍中。1997年、第34回「日本琵琶樂コンクール」1位入賞、文部大臣奨励賞。日本放送協会会長賞を受賞。
◆佐藤亜紀子(さとう・あきこ)
日本リュート協会所属演奏家。ジャンルを問わずさまざまな楽器によるコラボレーションを成功させ、精力的に全国で演奏活動を展開。

2006年12月12日 13:40 Newsrelease

ナビゲーション

検索