聖学院大学石川裕一郎講師が埼玉新聞で紹介されました

「つなげよう 一人ひとりが寄せあうこころ-社会貢献は向こうからやって来ない。」

 2007年から団塊世代の大量定年を迎えることもあり、リタイア後の暮らし方や地域での生き方などについての関心が高まってきています。社会貢献の活動をしてみたいという声も多く聞かれる中、社会貢献とは何か、具体的にどのように参加していけばよいのかなど、学問の場から見る社会貢献の実情や実際の活動報告について、聖学院大学政治経済学部政治経済学科石川裕一郎講師の記事が掲載されました。聖学院大学内に本部を置くNPO法人コミュニティ活動支援センターの活動もあわせて紹介されています。

▼2006/10/13付埼玉新聞
→掲載記事PDF

2006年10月27日 13:59 掲載記事

ナビゲーション

検索