金子勝氏による講演会が行われます

聖学院大学政治経済学科では、この秋に3回の講演会(主催 政治経済学科・後援 上尾市教育委員会)を行います。まずその第一弾として著書・共著も多数にのぼり、テレビ出演以外にも政策提言など幅広く活躍されている慶應義塾大学の金子勝先生をお迎えいたします。社会保障の空洞化と拡がる個人・地域間の格差、対テロ戦争への追従、混迷するアジア外交…。世紀転換期のいま、何が壊れ、何が終わったのか?時代を問い続ける論客が、日本の、そして世界の「今」を斬ります。

>印刷用PDF

■秋の講演会
日時 10月18日(水)11:00~12:30(開場 10:30)
場所 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1-1)
講演 「メディア政治に惑わされるな!-日本の政治経済の真実-」
                  金子 勝(慶應義塾大学経済学部教授)

>詳細はコチラ

■金子 勝(かねこ・まさる)先生 プロフィール
1952年東京都生まれ。1980年東京大学院経済学研究科博士課程修了。同年東京大学社会科学研究所助手。その後、法政大学経済学部教授等を経て、2000年10月より慶應義塾大学経済学部教授、現在に至る。専攻は制度経済学、財政学。著書に『市場と制度の政治経済学』『反グローバリズム-市場改革の戦略的思考』『戦後の終わり』ほか。共著に『「福祉政府」への提言-社会保障の新体系を構想する』『財政崩壊を食い止める-債務管理型国家の構想』『メディア危機』ほか。

■今後の予定
11月22日(水)11:00~12:30 
「多重債務に陥らないために-深刻化する多重債務問題の現状と対策について」宇都宮健児 弁護士
12月6日(水)11:00~12:30 
「国を愛する作法-その限界と可能性」姜尚中 東京大学大学院情報学環教授

2006年10月06日 11:07 Newsrelease

ナビゲーション

検索