聖学院大学の入学前準備教育が読売新聞で記事紹介されました

入学前準備教育授業風景
 入学予定者を対象に、毎年「入学前準備教育」を行っています。「入学前準備教育」は、大学で学んでいくための基礎学力を確認し、補うための特別な授業です。
 大学で学ぶことの意欲を高め、授業のほか就職活動の際に必要となる一定の学力をつけることを目的としています。 実施は今年で7年目となりますが、毎年、受講生は入学後、確実に成績が伸びています。また入学前にキャンパスに親しみ、友だちができ、4月から不安なく大学生活が始まるというメリットもあります。

▼2006/9/14付読売新聞
→掲載記事PDF

(2006/9/3に京都市内で行われた「日本リメディアル(再履修)教育学会」で、入学前教育に対する取り組みの実態と課題について発表した。)

2006年09月26日 09:41 掲載記事

ナビゲーション

検索