香山壽夫先生・日本芸術院賞受賞祝賀会が行われます

本学のチャペルの設計をされた香山壽夫先生が、「聖学院大学礼拝堂・講堂」を対象作品として、卓越した芸術作品や、芸術の進歩に顕著な業績があった人に贈られる日本芸術院賞を受賞されました。学校法人聖学院ではこれを祝賀し、6月21日(水)16時30分より、香山壽夫先生への名誉博士学位贈呈式、記念碑除幕式、祝賀会を行います。

→印刷PDF

■香山壽夫先生・日本芸術院賞受賞記念・名誉博士学位贈呈式
日時 6月21日(水)16:30~19:00(開場 16:00)
場所 聖学院大学
プログラム
【名誉博士学位贈呈式】     16:30~17:00
※香山壽夫先生に、名誉博士(キリスト教文化学)の学位贈呈が行われます。
【記念碑除幕式】 17:15~17:30
【祝賀会】 17:30~19:00

■香山壽夫(こうやま・ひさお)プロフィール
放送大学教授、東京大学名誉教授、香山壽夫建築研究所所長。工学博士。
専門は建築意匠学・都市計画学。
1937年東京生まれ。1960年東京大学工学部建築学科卒業。1965年ペンシルヴェニア大学美術学部大学院修了。九州芸術工科大学助教授を経て、1971年東京大学助教授、1986~1997年同大学教授。その間、イエール大学美術史学科客員教授、ペンシルヴェニア大学客員教授としても活躍。
1997~2002年明治大学理工学部教授。聖学院大学非常勤講師。著書多数。建築家として多くの賞を受賞、特に彩の国さいたま芸術劇場で、日本建築学会賞、アメリカ劇場技術協会賞、建築業協会賞等、多くの賞を受賞、このたび聖学院大学のチャペル設計が評価され、日本芸術院賞を受賞された。

【聖学院大学・チャペル紹介HP】 http://www.seigakuin.jp/tour/chapel.html

2006年06月29日 10:53 Newsrelease

ナビゲーション

検索