訃報 学校法人聖学院名誉理事長・元日銀総裁 速水優先生
SEIG
 
Newsrelease 聖学院とは 聖学院の歴史 キャンパス地図 聖学院教育憲章
連絡先 サイトマップ English

>>訃報 学校法人聖学院名誉理事長・元日銀総裁 速水優先生

>>大木英夫 学校法人聖学院理事長の告別のことば

トップページに戻る
■訃報 学校法人聖学院名誉理事長・元日銀総裁 速水優先生
速水優先生(学校法人聖学院名誉理事長・聖学院大学全学教授・元日本銀行総裁)が、2009年5月16日午前4時19分、逝去されました。84歳。
前夜式・葬儀は日本基督教団阿佐ヶ谷教会にて執り行われ、聖学院大木英夫理事長が弔辞を述べました。


【速水優先生プロフィール】
1925(大正14)年3月24日生まれ。1947(昭和22)年、東京商科大学卒業(現一橋大学)。同年日本銀行入行の後、外国局長、名古屋支店長などを歴任、日商岩井社長、経済同友会代表幹事を経て、1998(平成10)年日本銀行総裁に就任(2003年3月任期満了にて退任)、日本経済の再構築に貢献された。
東京女子大学理事長、国際基督教大学理事、東洋英和女学院常務理事等を歴任の後、2003(平成15)年学校法人聖学院名誉理事長、聖学院大学全学教授就任、名誉法学博士授与(聖学院大学)。2004(平成16)年より聖学院大学総合研究所全学教授を務める。
著書に、『変動相場制10年―海図なき航海』(東洋経済新報社)、『円が尊敬される日』(東洋経済新報社)、『土の器』をはじめ多数。


速水優先生のご家族は、大正の初めから昭和にかけての約10年間、聖学院幼稚園の前身、中里幼稚園で主任保母を務めていた中川咲子先生の影響でキリスト教に導かれました。そのような深いご縁もあり、聖学院を特別に愛して下さり、学校運営、経営面でご尽力いただきました。
召された魂と、ご遺族の上に、天父の豊かなお慰めをお祈りいたします。

 

 

学校法人聖学院名誉理事長・元日銀総裁 速水優先生