01_03
  1. HOME
  2. 園紹介
  3. わかば

わかばクラス

2008年度より聖学院大学人間福祉学部児童学科が開設しました子育て支援センター「わかば」の活動は、多くの方をお迎えし、お子さんの育ちと保護者の子育てを支援しています。豊かな時と場が与えられ、スタッフ一同、感謝しつつ保育に携わっております。

わかばとは?

「わかば」は、2歳から3歳の幼児とその親を対象に、聖学院大学が地域子育て支援事業として開設しているクラスです。2歳から3歳にかけて自我の芽生えの大切な時期、親と一緒に友達と過ごす中で、心と身体の健やかな成長を、保育者が保護者と共に支えたいと、次のような活動をしています。

▲ページTOPへ

特色

わかばクラス

2歳から3歳の幼児集団の中で、親子で遊びながら人との関わりを豊かに育てます。

 ・遊具を使い、自由に遊びます。
 ・皆で一緒にゲームをしたり、絵本を読んでもらったり、手遊びや歌を歌ったり、
  楽器で遊んだり、パネルシアターなどを見ます。
 ・遊びを豊かにする製作などを親子でします。
 ・ことばを通して意志を伝え合います(ちょっと待ってね、貸して、入れて、ごめんなさい、
  ありがとう、だめ、いいよ、など・・・)
 ・クリスマスをお祝いします。
 ・親同士も子育ての仲間として、共に育ちあう場を提供します。

身の回りのいろいろな生活経験をします。

 ・手を洗ったり、トイレを使う経験をします。
 ・親子で片付けの経験をします。
 ・みんなで「いただきます」を言い、おやつを一緒に食べます。
 ・靴を脱いだり履いたり、上着を脱いだり着たり、傘をさしたりします。
 ・挨拶をします。(おはようございます、さようなら)

歩く・走る・登る・跳ぶ・投げる・押す、などの運動を楽しみます。

 ・運動会ごっこ、お散歩
 ・リズム遊び
 ・遊具やおもちゃを使います。(ボール・すべり台など)

わかばクラス

▲ページTOPへ