1. HOME
  2. 幼稚園だより
  3. 先生のことば
  4. 園だより「緑のオリーブ」

先生のことば

力の結集

緑のオリーブ No.2016-07

 

 秋の大きな行事であるプレイデーとバザーが終わりました。いずれも園児だけでなく、全家庭の保護者の皆さんの参加していただく行事であったため、“大きな”と表現しました。

 プレイデーは、保育の一環として行われた行事でしたので、子どもたちの園での遊びや活動を取り上げ、脹らませ、プログラムが出来上がりました。子どもたちは、おうちの方々に見ていただいたり、一緒に参加していただき、張り切ったり、ちょっぴり照れたりしながらも、年齢に合わせた、ありのままの姿を表現し、楽しむことができたと思います。「穏やかで、アットホームなよい雰囲気でした。」とのお声をたくさんいただきました。

 私は、この穏やかでアットホームな雰囲気の中には、保護者の皆さんの力が大きいことを感じでいます。前日、全保育者が集まって打ち合わせを済ませ、必要なものを全て玄関に並べました。とはいえ、どうもお天気があやしくテントやいすなどの大きなものをグラウンドに運ぶことができません。案の定、雨で延期となり、2日後の当日の朝。「間に合うかな?」と心配しながらも集まっていらした保護者の方にお手伝いの声をかけさせていただきました。するとすぐに多くのお父さんをはじめとする方々が集まってくださり、無事に準備が整い、プレイデーを行うことができました。さらに、プレイデーの終わった後は、ご父母だけでなく、おじいちゃんやおばあちゃん、小・中学生のお兄さんやお姉さんなどみんなが園まで荷物を運んでくださり、あっという間にきれいに片付けが終わりました。私は、その様子に感動を覚えました。

 きっと、初めての方々は様子がわからなかったと思います。しかし、動き始めてくださった方々の様子を見て、次々に皆さんが自ら動き始めてくださったからです。関わらずに素通りすることもできます。でも、それぞれがご自分のできる形で関わってくださったことに感動したのです。そのことによって、この園行事を皆さんで作ってくださった事を実感したのです。本当に感謝でした。きっとこの姿を子どもたちは見ていたことと思います。自分の家族が他人と一緒に力を合わせる姿を見ながら、人と関わることを素敵な事と感じてくれたことと思います。

主任 本田 ゆかり

先生のことば一覧ページへ戻る
▲ページTOPへ