1. HOME
  2. 幼稚園だより
  3. 先生のことば
  4. 園だより「緑のオリーブ」

先生のことば

「カメの産卵 みな感動」

緑のオリーブ No.04

 みどり幼稚園の園庭は自然がいっぱいです。梅の実やびわの実がたわわに実っています。おやつの時間には、収穫した果物でジャムサンドを作りみんなでおいしくいただきました。トマトやナス、ピーマンにきゅうり、それに枝豆もすくすく育っています。園児たちはその成長を楽しみに見守っています。

 二週間ほど前のある朝、誰も予期していなかった出来事が起こりました。園庭の水槽で飼っているカメが卵を産んだのです。それを発見した園児は「カメさんの卵だ!」と触れ回り大喜びです。園児だけでなく保護者も先生たちも一緒になり水槽をのぞきこみました。体長30センチぐらいのカメです。たぶんワガメでしょうか、詳しい方がおられたら教えていただきたいのですが、繭の玉のような卵が水中に産み落とされていました。みんなが感動を共有する朝となりました。

 子どもたちにとっては毎日が新しい発見の連続です。感動の連続です。その感性を養い育てるのもみどり幼稚園の務めです。標本に入ったカメの卵を見せて説明してもどれだけ感動するでしょうか。3歳から5歳の幼児期でもっとも大切なことは「遊び」です。遊ぶ中で様々な発見があり、本物の感動が起こります。それを共有する友達を見つけるのです。そこに友達の輪が生まれます。やがて信頼、自立、自律、協調する心が養われます。何よりも礼拝をすることで神様が与えてくださった命の大切さを学びます。おいしいジャムをいただいたときに「神さまありがとう」といえる感謝する心が育っています。創世記1章12節には「地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生えさせた。神はこれを見て、良しとされた」と書かれています。本園では、神様が創造された驚くべき不思議(wonder)な世界を見て、素敵(wonderful)といえる子どもたちが育っています。みな素敵な笑顔できらきらと輝いています。

園長代行 山口 博

先生のことば一覧ページへ戻る
▲ページTOPへ