1. HOME
  2. 幼稚園だより
  3. 先生のことば
  4. 園だより「緑のオリーブ」

先生のことば

「試錬を乗り越える」

画像の任意のタイトル

緑のオリーブ No.011

 朝の通勤途上に車で聞くラジオで毎日、リスナーの「心に残っている先生の一言」を紹介しています。ある日の言葉に「いやだなと思うのは経験がないから」というのがありました。経験がないから「いやだな」と思うのだから何でもやって経験してみなさい、とその先生は教えてくださったのだそうです。

 経験のないことは不安です。戸惑ってドキドキするかもしれない、困ったことが起きてわからなくなるかもしれない、うまくいかないかもしれない。でも、やってみたら想像もしていなかった展開や出会いが楽しくて、ワクワクして、うまくいって、また、やってみたいと思えることは、意外と多いものです。もちろん、やっぱり苦手・・・と苦痛を感じることもありますが、経験を重ねるうちに少しずつ気持ちが軽くなって、自信に繋がっていくこともあります。気がつくと、そのことそのものはあまり好きになれなくとも、苦痛を感じるほどではなくなっていることもあります。

 聖書には、「あなた方のあった試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。」(コリント人への第一の手紙 第10章13節)と書かれています。自分には出来ないと思い煩うことがあるとき、私はいつもこの御言葉を思い出します。神さまが私のために与えて下さる新しい出来事を目の前にして、何でもお出来になる神さまにすべてを託して頑張ろう、と未熟な自分の気持ちを前に押し出してみます。

 新しい年が始まり、また、新しい様々な出来事が目の前に繰り広げられていきます。子どもたちにとっても新しい経験がたくさん待っています。神さまがそれぞれに与えていて下さる力を信じて、一人一人が精いっぱい過ごしていかれることを祈ります。

主幹  相川 由紀子

先生のことば一覧ページへ戻る
▲ページTOPへ