喜びの経験から成長へ −大人もこどもも−

kotoba_26.jpg

 二学期が始まりました。夏休みに、大人も子どもも沢山の経験をしたことと思います。
楽しいこと、嬉しいこと、感動したこと、辛い経験、怖い経験、厭な思い等々、様々な経験を一ヶ月余りの内にそれぞれの生活の中に組み入れられたことでしょう。

 こうした経験の結果から生じるのでしょうか、九月に初めて子どもたちに会った時、私はこれまで子どもの成長に驚かされ続けてきました。体が大きくなっただけでなく、心の成長を感じる顔の表情もこれまでとは異なり、その変化に感動してきました。夏休みに経験した色々なことが、子どもの生きる力となっていることに驚きを覚えます。

 そして大人もそうありたいと願いつつ二学期の活動に取り掛かります。聖学院みどり幼稚園の二学期はどのように展開するかとても楽しみです。大きくなった子ども達の存在と、人としてまだまだ大きくなりたいと願っている大人の存在がうまくかみ合て幼稚園生活を豊かにしていきたいものです。

 二学期は沢山の行事を通して子どもと大人が力を出し合い、神さまの守りとイエス様の導きの中、協力する喜び、創り出す喜び、感謝する喜びの経験が出来ます。しかし、二学期の入り口の九月はまだまだ暑い日が続き体調を崩したりします。夏に蓄えた力をゆっくり出していくことの出来る配慮を皆でいたしましよう。

園長補佐 長山 篤子