聖学院みどり幼稚園アルバム 防火教室
アルバム みどりのこどもたち
イースターのお祝い
2004年4月8日(木)
イースターとはイエス様が私たちの罪のために十字架につけられ死んだ後、3日目によみがえられ復活されたことを祝う日です。イースターは春分後の満月のあとの最初の日曜日に祝うことになっており、そのため毎年日にちが違います。今年は4月11日(日曜日)になりますが、幼稚園では8日に進級児でイースターの礼拝を守りました。
礼拝後はみんなでエッグハントをし、イースターエッグを探しました。
じっくりと庭中を回り見つけ出す子どもや目についたものをすぐに手にする子ども等卵を探す様子はそれぞれでしたが「あったよ!」と見つけたときの表情は耀いていました。

※ イースターエッグとはきれいな絵が書かれたりカラフルな色でペイントされた卵のことを言います。卵は昔から「よみがえる新しい生命」のシンボルとされ、復活されたイエス・キリストを現すものです。

photo_1
イースター礼拝での濱田先生

photo_2
イースターのしるしであるたまごとウサギです

photo_3
これがイースターエッグです
photo_4
イースターエッグ発見!


戻る