2007年01月30日

『たくましい体と心を作る食事』講演会が行われました

2007年1月30日(火)12時45分より、みどり幼稚園の保護者の皆さんを対象に、『たくましい体と心を作る食事~食事バランスガイドを活用して』という題目で講演会が開催されました。
講師には多方面で活躍しておられる管理栄養士の葭谷 麻利子(よしや まりこ)先生をお迎えし、保護者の皆さんが普段の生活において特に共感の多い事例であるお弁当についてや、家での食事のあり方、バランスのよい食事をとるには具体的にどのようにすれば良いか、などを重点的にお話いただきました。
中でもお弁当については、親子のコミュニケーションの手段であること、子どもが楽しんで食べることができるということを忘れずに、さらにお弁当作りにプレッシャーを感じず長い目で取り組めるように、と語られました。また、“食事バランスシート”に実際にチェックを入れながら、まず現在の自分たちの食事バランスがどうかを知った上で、子どもたちが大人になって、自主的にバランスのよい食事を選ぶことができるようになること、そのように成長させることが大事であるとお話されました。
講演の後、質疑応答が行われ、葭谷先生の実体験をもとにした心のこもった言葉や内容に、参加された保護者の皆さん、園の教職員たちも実り多い時を過ごしました。
(講師のプロフィールは続きを読むからご覧ください。)

<講師プロフィール>

葭谷 麻利子(よしや まりこ)
管理栄養士、江上料理学院契約教諭、日本ベジタブル・フルーツマイスター協会講師、三鷹市・多摩市の行政栄養士。(有)ニュートリ・クッキング代表。
1975年、ノートルダム清心女子大学家政学部・食品栄養学科卒業。米国ミズーリ州立大学にて栄養学、コルドンブルー料理学校にて料理と製菓を習得。2004年、ミズーリ州立大学よりInternational Distinguished Service Awardを受賞。
栄養・料理の総合コンサルティング、料理書籍の編集協力・監修、食品企業向けメニュー開発、講演会の企画・実施、外国人・日本人・子供の各料理教室を開催、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞等で栄養と料理を分かりやすく伝える。
共著:「旬を味わうとっておきレシピ」(東京新聞社版)、「2000年版主婦と生活家計簿」(主婦と生活社)、編集協力:「野菜のソムリエ・ベジタブルダイアリー」「野菜のソムリエ・体すっきりジュース」など。
三鷹市地域活動栄養士会会長。日本栄養士会、日本中医食栄養学、三鷹市商工会、武蔵野法人会の会員。

投稿者 admin : 14:35

2006年10月05日

みどり幼稚園の入園説明会

10月4日(水)、午後2時から、聖学院みどり幼稚園の入園説明会が行われました。

濱田園長より、みどり幼稚園の保育の概要について話があり、保育主任の本田先生より、その後、来年度の入園願書配布や、受付・面接、保育内容の詳細、通園バス等について、説明がありました。
お子さんと一緒にいらした方は、園のスタッフが、説明会の間、お子さんの世話を見ていたため、集中して説明を聴いていただけたようです。51名もの参加者がいらっしゃいました。

●聖学院みどり幼稚園の入園要項
願書配布:10月16日(月)~
願書受付:11月1日(水)~

●濱田園長のメッセージ
本日はようこそおいでくださいました。皆様のご来園を心から歓迎いたします。

本園は1978年に旧女子聖学院短期大学付属幼稚園としてその活動を始めました。本園の保育は開設以来「キリスト教保育」と「遊びを中心とした保育」を二本柱として展開しております。これは、私たち人間はすべてひとしく神様によって生命を与えられ、その神様の愛の中で健全に育ち、成長していくという人間観に基づいております。「よく祈り、よく遊ぶ」というモットーをこれからも掲げたいと思っております。

心の荒廃が言われている中(幼小児童でさえも)、本園は園児一人一人に備わっている生命力、成長力を祈りをもって育てたいと願って日々保育にあたっております。現代社会の様々な変化の中で保護者の方々も子育てに困難を覚えておられる方が多いと思います。本園は少しでもそれらの保護者参加型の育児をお助けしたいと思っております。

皆様方のお子様がこの聖学院みどり幼稚園で心身ともに健やかに成長されますよう祈りつつ、ご入園をお待ちしております。

投稿者 admin : 19:31

2006年10月03日

みどり幼稚園の親子で遊ぶ会

9月30日(土)、午前10時から、みどり幼稚園の親子で遊ぶ会が行われました。
当日は天気も良く、園庭やプレイルームでお父さん、お母さんと一緒に遊びました。お昼前にはプレイルームにみんなで集まり、歌をうたったり、紙芝居を聞いたり、元気いっぱいの子どもたちが楽しい時間を過ごしました。


投稿者 admin : 11:34

2006年09月15日

おじいちゃんとおばあちゃんを迎える会

聖学院みどり幼稚園では、敬老の日にちなみ「おじいちゃんとおばあちゃんを迎える会」を毎年行っています。今年は、9月15日(金)在園児の祖父母の方をお招きし、行われました。お子さんと自由に遊んでいただいた後、10時にプレイルームに移動し、会が行われました。かわいいお孫さんたちに、みなさん目を細めたり、カメラを回したり、楽しいひとときでした。
●礼拝 いつもは子どもたちだけですが、今日はおじいちゃん、おばあちゃんも一緒です。


●まずはじめに、みんなで「コブタヌキツネコ」(シリトリになっています)。先生が動物の絵を持って登場。

●在園児とそのおじいちゃん、おばあちゃんの掛け合いで「コブタヌキツネコ」を歌いました。写真は年長組。それぞれの動物の鳴き声を歌うのは、ちょっと難しかったかな?

●子どもたちから、組毎に歌のプレゼント。みんなの知っている歌では、座って聞く園児たちもたまらず歌にあわせて一緒に踊っていました。

●みんなで手遊びをしました。「♪山小屋いっけんありました~」


投稿者 admin : 15:52

2006年09月14日

幼稚園見学説明会が開かれました

6月に引き続き、9月14日(木)10時から11時40分にかけて、2回目の幼稚園見学説明会が行われました。
今回は、雨にもかかわらず、ご夫婦でお見えになった方もいらして55名もの参加者がありました。
10時から40分程度の在園児の保育を自由見学した後、プレイルームに集まり説明会が行われました。
濱田園長の挨拶の後、園のビデオ(15分程度)を見て、本田ゆかり保育主任による
園の保育方針などの説明がありました。
今回は在園児の保護者の方にもご協力いただき、みどり幼稚園を選んだ経緯や行事の紹介を含め園の様子を語っていただきました。
「いくつかの幼稚園見学をしましたが、みどり幼稚園では、園児が生き生きとしている、広くて緑が多いこの園庭で子どもを遊ばせたいと思いました。また先生に温かい対応をしていただいたことが印象的でした」
またよくある質問について、本田先生が、在園児・卒園児の保護者2名にお聞きし回答していただく時間も設けられました。ご参考までに以下にその内容を紹介します(下写真)。

Q お弁当が心配です。
A お弁当は勢い込んで作るものではないと思います。最初は心配していましたが、ふだん作るものをお弁当に詰めていました。慣れてくると空になった弁当箱を見るのが楽しみになりますよ。

Q スモックやカバンなどの手作りが大変ではありませんか。
A1 私は手芸が得意なほうではなかったのですが、入園前、子どもと布地を買いに行ったり、私が作っているのを子どもが見ていたりして、親子とも入園の日が楽しみになったことを覚えています。
またこんなことをしてあげられるのも今だけだと思います。
A2 私は手作りがそもそも好きなのですが、作り方講習会などもあるので、そこで得意でない方に教えてあげたりして、楽しく一緒に作っています。できるようになる喜びというのも味わえます。

Q みどり幼稚園ではお母さんの出番が多いそうですが?
A 私は仕事を持っていたので、行けないときは行けないといい、無理をしないようにしました。そういうふうに断っても、全然問題ない雰囲気ですから安心してください。
(本田先生より補足:ボランティアなどの形をとるなどして、保護者の方に来ていただく回数を減らしています。家族や仕事などご事情は考慮しております)


投稿者 admin : 15:28

2006年06月01日

聖学院みどり幼稚園わかばクラススタート

 5月10日(水)、未就園児とその保護者のための「わかばクラス」がスタートしました。
毎週水曜日午前10時~11時半、親子で登園し、一緒にたくさん遊び、おやつを食べ、
歌を歌ったり、リズム遊びをしたりします。「今日の予定」をお配りし、活動の流れや
どんなめあてで行っているのかをお知らせします。

 子どもたちはおもちゃや遊具を使う時、トイレや手を洗う時に「順番」を経験し、
またおやつでもみんなで一緒にいただきますので、用意が出来るまで「少し待つ」
経験をしています。そして、おやつは保護者と「分けあって」頂くようにしています。
保護者の方々は子どもとよく遊び、手遊び、リズム遊び、絵本の読み聞かせも
よくして下さり、とても協力的でした。

 38組の親子が参加され、にぎやかなスタートとなりました。


わかば絵本2.jpg

どの絵本がいいかな?(絵本の貸し出し)


わかば親子2.jpg

子どもを遊ばせながら、保護者どうしの会話も弾みます

投稿者 admin : 11:49

2006年04月20日

わかばクラス(未就園児親子保育クラス)説明会

4月18日(火)午後2時から、わかばクラス(未就園児親子保育クラス)の説明会がありました。

これまでみどり幼稚園は、未就園児の親子を対象に、年に数回、「親子で遊ぶ会」を開催してきました。人との関わり、特に信頼関係が形成される2~3歳児の成長に関わる活動を更に充実したいと願い、このたび未就園児の親子クラス「わかばクラス」を開設することといたしました。
説明会では、わかばクラス開催の趣旨、具体的保育内容について20分程度の説明があり、その後、実際に利用するわかばクラスの教室を見学しました。
今回の説明会では30組を超える方々の参加があり、多く関心を持っていただきました。
詳細は、こちらのページをご覧ください。
わかばクラス
なお、お申込み、お問い合わせは、直接、みどり幼稚園にお願いします。
TEL 048-622-3864

●説明会の様子

●わかばクラスの教室の様子


投稿者 admin : 10:24

2005年12月09日

保護者の会・クリスマスプログラム

12月9日(金)、11時10分より、保護者の会によるクリスマスプログラムがありました。
今日は大学のチャペルで園児、保護者の方々が一緒になって、第1部の礼拝を守りました。
保護者の有志で作るあすなろ会の、ディスカウントの入った「すばらしいホーリーナイト」が美しく響き渡った後、村島牧師のお話を聴きました。
第2部では、保護者の方と年長組でクリスマス会。保護者の方々は、お子さんから歌を教わり、それを組毎に披露するというもの。チャペルを舞台に、普段子どもたちが歌っている歌を、少しばかり緊張しながら、うれしそうに歌っている姿が印象的でした。特に年長組の保護者の方々の番になると、聴いている年長組も思わず一緒に大声で歌い、手を叩きで、おおいに盛り上がりました。
第3部は、クラス懇親会をチャペル横の緑聖ホールで行いました。
あすなろ会による讃美奉献「すばらしいホーリーナイト」
村島宏牧師によるお話「イエス様の宿屋」
りす組(年少組)保護者による「ゆげのあさ」

投稿者 admin : 18:40