« 防災教室・起震車体験 | メイン

2007年06月21日

横内悦夫氏の講演会が行われました

yokouchi.JPG
聖学院大学政治経済学科では、昨年にひきつづき今年も、学外の先生方をお招きして講演会を行いました。第一弾は、6月20日(水)11時より聖学院大学チャペルにて、世界グランプリレース用2輪車の開発者、元スズキ株式会社取締役の横内悦夫氏による講演「世の中の流れを変えよう-世界グランプリ獲得への道」。

1974年より世界グランプリレース用2輪車の開発に携わり、多くの世界タイトルをスズキにもたらすまでの過程を、熱っぽく語っていただきました。
講演最中、特に1991年のドイツグランプリでのケビン・シュワンツ(スズキ契約)とレーニーとの大激戦のビデオを大スクリーンに投影、横内氏の開発した2輪車でどのように勝利を得ることができたかを具体的に説明していただきました。聴衆皆が画面に釘付けとなりました。

また、後半では、販売合戦の2輪車業界の中にあってヒット商品、油冷式市販車を開発した顛末、
およびその開発方針などを語っていただきました。数々のエピソードに絡めながら、横内氏の仕事に対する情熱や独自の考え方を語っていただきこれから就職活動/就職をする学生たちに、大変貴重な講演となりました。

講演後、スズキより油冷式2輪車を含めて4台の2輪車の展示があり、学生および外部のバイクファンが、横内氏とバイクを囲み談笑、記念撮影などがありました。

投稿者 admin : 2007年06月21日 16:57