« 2007年03月 | メイン

2007年04月02日

大学入学式が行われました

4月2日(月)桜の花が満開の花曇の中、入学式が10時より聖学院大学チャペルで執り行われました。聖学院大学フィルハーモニー管弦楽団による「威風堂々」の演奏するなか、学部新入生685名、新編入生32名合計717名、大学院新入生42名が全員ガウンを着用してキリスト教礼拝形式の式に臨みました。新入生点呼の後、新入生による宣誓がおこわなれ、阿久戸光晴学長、小倉義明聖学院院長の祝辞が述べられました。
阿久戸学長は式辞の中でノアの方舟の話、パウロが航海の途中で嵐に遭い、全員を励まし無事に全員を救った聖書の話を例に引いて、航海のためには海図と羅針盤、風見、それに舵取りが重要であるということを述べ、これから新たな航海に出る新入生を、。最後に阿部洋治大学チャプレンの祝祷をもって式を終えました。
式のあと学科別オリエンテーションが行われました。新入生は、学科別にFO(フレッシュマン・オリエンテーション)が2日間、ホテルグリーンプラザ上越で行われます。授業開始は4月9日(月)。

  
  

写真上左 学部毎に異なる色のガウンを着て、厳かな雰囲気の入学式
写真上右 新入生の宣誓
写真下左 新入生の言葉
写真下右 小倉義明・学校法人聖学院院長の祝辞

投稿者 admin : 19:06