« 2007聖学院大学大学院主催シンポジウム 「いま、なぜ人間福祉学か?」                                                      | メイン | 聖学院小学校クリスマス礼拝 説教 »

2006年12月20日

クリスマス礼拝、ページェント


 2006年12月16日(土)女子聖学院チャペルをお借りして、クリスマス礼拝とページェントを行いました。荘厳な雰囲気のチャペルで、児童は練習した歌や台詞を大きな声で披露し、主イエスの降誕メッセージを演じました。感動的なクリスマスでした。また、すべてのプログラムの最後では、客席の保護者も起立していただき、ヘンデル作曲の「ハレルヤコーラス」を英語で、声高らかに歌い、良い冬休みを過ごせるように宗教主任の祝祷を受けました。ハレルヤの感動を胸に、聖学院小学校は冬休みに入りました。
 1,2階とも満席で、お立ち見をしていただいた方々もおられました。温かい目で応援下さった保護者の皆様、ありがとうございました!皆様からの大きな拍手と、ご家庭でのお褒めの言葉は、きっと子ども達に自信を与えることでしょう。一度しかない感動の場面を共有できた事は、また幸いな事といえるでしょう。
 ご家族の皆様が、お元気で良いクリスマスシーズンを過ごし、心新たに新年をお迎えになられるようお祈りしています。

   

(写真左)熱心にお話される井本晴雄先生(聖学院中高聖書科教諭)
→お話の内容はこちらから読むことができます
(写真右)荘厳な雰囲気のチャペルは、気迫に満ちています。

投稿者 admin : 2006年12月20日 16:52