« 聖学院大学 「学びの支援フォーラム」に参加 | メイン | みどり幼稚園の親子で遊ぶ会 »

2006年09月30日

グランドピアノ奉献式

聖学院大学チャペルに、グランドピアノが設置されました。
ピアノは、ハンブルグのスタインウェイ・アンド・サンズ社製で、
世界的に活躍するピアニストや音楽愛好家に愛用されているものです。

このグランドピアノの奉献式として、9月26日(火)の全学礼拝で、
ピアニストでもある、児童学科長の村山順吉教授により、ピアノの奏楽が行われました。
讃美歌の伴奏のほか、J.S.バッハのカンタータ2曲が演奏され、出席者は、その美しい
ピアノの調べと、その心地よい余韻に浸りました。
来る10月30日の創立記念コンサートでは、このピアノの魅力を存分に味わう機会と
なります。
【創立記念音楽会】
ウィーン・アルカディア・デュオによる音楽の夕べ
日時:10/30(月) Open 17:30 / Start 18:00
詳細はコチラ

●グランドピアノについて
奉献されたピアノは、ハンブルグのスタインウェイ・アンド・サンズ社製グランド・ピアノです。創立者H. E. スタインウェイが1836年に最初のピアノを作って以来100を越える特許を取得し、その響きによって世界的に活躍するピアニストや音楽愛好家に愛用されています。
近代における「ピアノの響き」を定義づけたと言われるスタインウェイピアノは、明るく華やかな高音、クリアで鋭く伸びのよい中音域、重厚で迫力のある低音を併せ持つパワフルな音色を奏でます。チャペルがその響きを包み込み、私達の讃美の声は見えない中心に向かって、より確かに引き上げられることでしょう。

    

投稿者 admin : 2006年09月30日 10:24