« 各校の夏休み期間・閉鎖期間 | メイン | WAIWAI ENGLISH CAMP IN SEIGAKUIN PRIMARY SCHOOL »

2006年08月08日

香山壽夫先生の集中講義

8月3日・4日・7日、基礎科目「キリスト教と建築A」の集中講義が行われました。
講師は、香山壽夫建築研究所所長の香山壽夫先生。
本学チャペルの設計で、今年日本芸術院賞を受賞されています。
同科目の講義は、昨年まで通常講義として十数回にわたり行われていましたが、今回夏期集中講義のためか受講生は2~4年生まで約10名と少人数の授業となりました。

3日・4日は本学で、古代ギリシア建築からゴシック建築までをスライドを用いて解説。
受講生が建築を実際に描きとめるデッサンの時間もありました。香山先生ご自身の水彩のスケッチや、作品紹介を交えての講義は、学生が建築の面白さや大切さを知り、教養を身につける時間となりました。

最終日の7日は真夏日でしたが、午後から香山先生が設計された、彩の国さいたま芸術劇場の見学。講師は、香山壽夫建築研究所の長谷川祥久氏および、財団法人埼玉県芸術文化振興財団管理課課長の白神久吉氏。劇場の各ホールはもちろん、稽古場から舞台裏の隅々までたっぷり2時間、設計、建築、舞台運営などの解説を交えながら見学をさせていただきました。

座学だけでなく、多くの体験の時間が組まれており、集中講義ならではの3日間でした。
 香山先生の講義
 彩の国さいたま芸術劇場音楽ホールにて
 同劇場・ガレリアにて


投稿者 admin : 2006年08月08日 16:09